01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.04.26 (Thu)

間もなく麦秋

遠くに見えるのは金峰山
雨ために青空を見ることはできませんでした。

この麦畑(本来は水田です)は 南さつま市金峰町尾下付近です。こちらの農家は以前から大麦を栽培されています。

5月の連休前後が収穫時期です。間もなくこの麦もより黄色くなり金色のようになります。そうなったときが麦秋ですね。きっと連休前に新聞にも麦秋の写真と記事が掲載されるでしょう。


ところで,鹿児島県で麦の栽培はかなり少ないのですが,その状況の中でも多いところはここ金峰と出水市だと思います。30年ほど前は開聞町でもビール麦(この大麦とおおむね同じ)の栽培があったそうです。
4月25日大麦
栽培面積等の推移のついては,この前の記事【コムギの開花】をご覧ください。

金峰町と言えば 金峰コシヒカリで有名な早期米の産地です。写真では収穫前の大麦と田植え後のイネが同時に隣り合わせでみることができます。
4月25日大麦

大麦にはペットボトル飲料にもある「6条大麦」がありますが,この麦は二条大麦です。上から見ると左右に1列ずつの2列あるので2条大麦って言われます。でも2条大麦 実は6条だったのですが4条は退化してます。

4月25日大麦

麦と稲の違いはいろいろありますが,芒(ぼう)と呼ばれる針状に伸びた部分が長いことだと思います。
バックを黒にしてみるとわかりやすいと思います。
4月25日大麦

この写真の撮り方は,麦や稲などの品種の解説のときによく使われる構図です。参考までに。

今回の写真は(H24)4月25日の撮影です。


出来上がった大麦は,味噌の材料等に使われると思います。



スポンサーサイト
関連記事

tag : オオムギ 麦秋

00:15  |  農業  |  コメント:(0)

2012.01.13 (Fri)

コムギが発芽しました。

昨年12月に播種したコムギが発芽しています。少し斜めになって見えるのは気のせいではありません。
「麦踏」と言って,発芽したコムギを踏んだためです。
麦踏をすることにより茎の数が増え収量が多くなります。
小麦
このコムギは「アイラコムギ」という鹿児島県の奨励品種になります。用途としては麺用が中心です。


ところで鹿児島県の麦作は作物統計の作況調査(麦類)長期累年(農林水産省)によると
次のようになります。(5年おきに抜粋しグラフにまとめてみました)
累年変化麦作

昭和35年(1960年)→平成17年(2005年)の変化は
小麦で22400ha→23ha 大麦4970ha→140ha と激減しています。


ちなみに 平成20年(2007年)は小麦22ha,大麦111haで 次のようになります。
(平成20年産麦類市町村別収穫量(鹿児島)農林水産統計より)
鹿児島の麦作表
このグラフは統計をもとにまとめてみました。

平成20年の大麦の作付が多いのは南さつま市53ha,出水市23haです。
     小麦はさつま町の5haが最高です。


注意:大麦には二条大麦,六条大麦,裸麦がありますが,この記事の中で出てくる大麦は二条大麦のことです。
  


関連記事

tag : コムギ オオムギ

23:42  |  鹿児島の食材  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。