09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.04.25 (Wed)

コムギの開花

南さつま市加世田の畑の小麦の様子です。この写真だけは4月の10日の様子です。小麦の穂が出そろったかなあっていう時期です。
4月10日小麦


それから約2週間後の本日4月25日の様子です。全体的に穂が揃い上部に出ているのがわかると思います。
4月25日小麦1

そしてもっと近づいて見ると丁度開花して数時間後の状態のようです。白く見えるのはおしべの先端の葯(やく)です。この中に花粉が入っています。田んぼのイネもこんな感じの花が咲きます。
4月25日小麦2


そして昆虫も
1種はホソハリカメムシです。でもこれってイネ科の害虫なんですよね。針状の口を子実(実・たね)に突き刺し汁を吸います。吸われた跡は変色します。
もう1種はテントウムシ 黒い塊に見えるのはテントウムシのさなぎです。こちらは益虫。アブラムシを食べてくれます。
アブラムシは見つけることができませんでしたが,どこかに発生しているかもしれません。
4月25日小麦3

今日紹介した小麦は5月の下旬頃収穫予定です。品種は奨励品種の「アイラコムギ」です。
収穫後はうどんや醤油に使う予定です。

ところで
以前も書いものといっしょですが,鹿児島県の麦作を作物統計(農林水産省)からグラフにしてみました。
累年変化麦作

鹿児島の麦作表
スポンサーサイト
関連記事

tag : コムギ カメムシ テントウムシ

20:06  |  農業  |  コメント:(0)

2012.03.07 (Wed)

小麦も大きくなりました

小麦
1月13日 小麦の様子です。


それから 約2カ月

こんなに大きくなりました。
小麦(3/6)1
3月6日小麦畑の様子です。
鹿児島は冬場でも平均気温が他県に比べて高いので,じっくり育つことができません。
すなわり生育のスピードが早いために1粒の小麦から出てきた芽が分裂(分げつ)するのが少なく,結局収量が少なくなってしまいがちです。
小麦(3/6)2
現在,茎の数は5本程度です。 4月は入ったころから出穂(しゅっすい)すると思います。

時々生育状況を報告したいと思います。

小麦畑雑草(3/6)
こちらは 近くに咲いていたホトケノザ(仏の座)です。
「あーあ 知ってる春の七草のひとつ」・・・・ではありません。
春の七草のホトケノザはコオニタビラコというキク科の植物のことです。参考までに。
関連記事

tag : コムギ

07:02  |  鹿児島の食材  |  コメント:(0)

2012.01.13 (Fri)

コムギが発芽しました。

昨年12月に播種したコムギが発芽しています。少し斜めになって見えるのは気のせいではありません。
「麦踏」と言って,発芽したコムギを踏んだためです。
麦踏をすることにより茎の数が増え収量が多くなります。
小麦
このコムギは「アイラコムギ」という鹿児島県の奨励品種になります。用途としては麺用が中心です。


ところで鹿児島県の麦作は作物統計の作況調査(麦類)長期累年(農林水産省)によると
次のようになります。(5年おきに抜粋しグラフにまとめてみました)
累年変化麦作

昭和35年(1960年)→平成17年(2005年)の変化は
小麦で22400ha→23ha 大麦4970ha→140ha と激減しています。


ちなみに 平成20年(2007年)は小麦22ha,大麦111haで 次のようになります。
(平成20年産麦類市町村別収穫量(鹿児島)農林水産統計より)
鹿児島の麦作表
このグラフは統計をもとにまとめてみました。

平成20年の大麦の作付が多いのは南さつま市53ha,出水市23haです。
     小麦はさつま町の5haが最高です。


注意:大麦には二条大麦,六条大麦,裸麦がありますが,この記事の中で出てくる大麦は二条大麦のことです。
  


関連記事

tag : コムギ オオムギ

23:42  |  鹿児島の食材  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。