01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.20 (Sun)

薩摩留学生・ルリカケス・なんこ・つぐろじん・モグラ打ち

いきなりですが 薩摩留学生・ルリカケス・なんこ・つぐろじん・モグラ打ち ご存知ですか?

薩摩留学生
鹿児島中央駅前の「若き薩摩の群像」は鹿児島の方ならご存じだと思います。江戸時代,薩英戦争でイギリスの実力と先進的な技術を目にし,薩摩藩はイギリスとの友好関係を築くために4名の使節と15名の留学生を送りました。出発の地となったいちき串木野市羽島です。
平成27年には留学生が出発して150周年を迎えるために記念館が完成します。
web上にあるいは書籍にも薩摩留学生については書かれていますが 薩摩藩英国留学生記念館-準備室-いちき串木野市国際交流協会のブログ(←ここをクリックすると移動します)があります。今後さらに充実すると思います。

【ルリカケス】
大正10年3月3日 国の天然記念物指定 地域を定めず指定(奄美大島,加計呂麻島,請島)全長約38cmで,ハトより少し大きいカラス科の鳥です。光沢のある青紫色と赤褐色の羽に,飛ぶときに見える尾羽の先端の白い線が美しいです。奄美大島南部の森林を中心に生息し,シイやカシの実を主な餌としています。鳴き声は「ギャー,ギャー」と騒がしい声です。(2)

【なんこ】
酒宴の遊戯で向かい合った二人が木・竹の小片を掌に隠して出し合い,後出しの方から合計の本数を予想して言い合い,負けた方が罰杯の焼酎を飲むという遊び。(1)

【つぐろじん
打ち身をしたときの,うっ血して青黒くなった痕(1)

モグラ打ち
県内各地,春の農耕シーズンを前に、地中を荒らすモグラに先制攻撃をかけ、一年の豊作を祈るもの。1月14日の夕方、竹の先にワラ束をつけたもので、男の子たちが各家の地面をたたいて回る。そして家々で餅をもらう風習である。大口市や薩摩郡、姶良郡西部、曽於郡北部で行われているもの(2)
 私の実家である大口の集落にも正月の夕方,集落の小学生が竹の棒をもって(先にわら束が付いていたかは記憶がありませんが)玄関先の地面を歌を歌いながらたたいてくれました。お菓子などをお礼にあげました。

参考
(1)さつま語辞典 大久保寛 高城書店
(2)鹿児島県ホームページ


みなさんは上記のいくつをご存じでしたか?
さてこの先は遊び心で読んでください。
現在,毎週日曜日朝「薩摩剣士隼人」が放送されています。単なるヒーローものの番組ではなく鹿児島県内各地の観光地,特産品,物語等を紹介してくれる番組です。そこにはいろんなボッケモンが登場します。

これまで記事にしたのが次のものです。クリックすると記事に移動します。
薩摩剣士隼人
君たちに課せられた期待は大きい
カジュカンサー 果樹+神様

私の気晴らしは新しいボッケモンを考えることです。
あっ あくまでも私の勝手な思いつきによるボッケモンであり番組とは全く関係ありません。

とういことで先程書きました薩摩留学生・ルリカケス・なんこ・つぐろじん・モグラ打ちをもとに考えたのが次のものです。ただしすべてフィクションです。どうぞ批評をお願いします。

【SATSUMAスチューデントの長男 西洋 学(せいよう まなぶ)君】 
実は学生の姿をしたボッケモンである。多くの兄弟がいて家中賑やかである。しかし今はEUに留学しており不在。現在,鹿児 島に残っているのは留学から一足先に帰国した長男の「西洋 学君」ただ一人である。
兄弟達の留学の目的は医学・測量・機械・鉱業・農業などであるが,15才,13才の 弟はどれを学ぶか思案中である。しかし,13才の末弟の水晶玉にうつる姿はとてつもない将来が見えている。それは醸 造の世界のようであるがまだそのことを知る由もない。
【ルリ・かけ助】
ルリ色のマントがお似合いのルリ・かけ助。姓はルリ,名はかけ助。お家存続の危機に ありながらも少しずつであるが家族を増やしている。家族の住まいは奄美大島の湯湾岳 を中心にいくつかの島々で生活する。
【ナンコスイガー】 
性格はとても社交的。誰とも無く「なんこ すいがー」と声をかける。瞬間的に人の心を読み,計算上手である。そんな彼であるが,実はポーカーフェイスな のです。でも,焼酎が好きなので,計算結果に反して,相手をたててくれるところもある。雰囲気・性格的にはアマンクロスに似ている。   
【つぐろ仁】
あわてんぼうでおてんばのボッケモン。いつもどこかに体をぶっつけてはつぐろじんができる。心地良い痛さのために,いつも手で「すりすり」しており,通りがかりの人にはつぐろじんを見せびらかし,自慢気にぶつかった経緯を話してくれる。性格は仁という名前のとおり,他人に対する親愛の情を持ち,とても優しい。
【もぐらウッチー】
見えないところで悪さをする者を懲らしめる。その方法は竹の棒で地面をたたいて悪さをするものを追い出す方法である。豊作を望んでいるみんなのために頑張ってくれるらしい。
スポンサーサイト
関連記事

tag : 薩摩剣士隼人 薩摩留学生 長澤鼎 モグラ打ち

03:08  |  薩摩剣士隼人  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。