09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.05.21 (Mon)

和風菓 からいも本店 オープン

夫婦で行く久しぶりの城山観光ホテル そういえば20年前 第2の人生がスタートした場です。

当ホテルの東側からみても 鹿児島中央駅の観覧車は近くに見えますね。
九州新幹線が全線開通して依頼 商用施設やホテルも増えました。
フェスティバロ520a

中央駅前には鹿児島中央ターミナルビル5月17日にオープンし,5月20日には和風菓からいも本店も開業します。

これまで「唐芋」を使った洋風菓子が中心だったフェスティバロ社が和菓子を中心に販売されるそうです。そのお菓子「百合の華」など10種類のお披露目と試食会がありました。
フェスティバロ520a


まずは作家でもあり,社長の郷原秀樹氏のあいさつ。頑張っていらっしゃる女性スタッフを紹介。相変わらずおもしろいお方です。この社長。鹿児島弁でのごあいさつに会場も爆笑でした。

フェスティバロ520c


もうひとつ開店する。それは 5月22日の東京スカイツリーのソラマチ売店内にフェスティバロ社も出店です。

フェスティバロソラマチ売店では「おいらん」と「芋船」

フェスティバロ520a


さて,楽しみの新商品紹介。商品紹介をするのは からいもコンフェクショナリー 郷原拓東(ごうはら・ひろはる)氏。
彼が十代のころから知っていますが,立派になったものです。

フェスティバロ520b


和風菓からいも本店の「百合の菓」も彼の創作です。大隅半島の「みなみ風」農場で栽培されている
唐芋の中から100種を混ぜてつくられた和菓子です。

写真は「みなみ風」農場です。
南風図書館 はなまつり4


「はるか」 最近,道の駅や地産地消のお店などでよく見かける「紅はるか」を使った焼からいもお菓子です。
べにはるかを使った「はるか」
「紅はるか」は九州沖縄農業研究センターで2005年に育成された新しい品種です。甘味の強いこの品種からできた「はるか」も美味です。「はるか」の下層には鹿児島が誇る「黄金千貫」も使われているそうです。


会場には容器・パッケージ・製造機械・輸送・加工資材・農業資材・生産等々の皆さんや報道・観光・大学,そして,こよなく唐芋を愛する方 多くの皆様で新商品を味わいました。
フェスティバロ520d
フェスティバロ520b

唐芋」ますます注目され,鹿児島の農業のさらなる活性化にもつながって欲しいですね。
スポンサーサイト
関連記事

tag : 唐芋 サツマイモ フェスティバロ

22:58  |  産業  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。