10-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.01.15 (Sun)

メノモッ(伊佐市大口)

メノモッ(餅花・めのもち)は榎や柳などの枝に餅を飾ってを模した小正月の飾り木の一つで,五穀豊穣を祈って作られます。

昨日,伊佐市菱刈前目で大きなメノモッをみることができました。
その後訪れた大口金波田 居間の内神様のところにも小さいながらも小枝に餅を挿した、メノモッを見ることができました。

本来なら各家庭において餅つきの際にメノモッ用を作っていたと思います。


写真撮影用にお供えしてあったメノモッを拝借
メノモッなりさわ
地元の白木神社にて,祈願済のメノモッでした。このメノモッは,地元のスーパーがお客様へのプレゼントだったようです。

手段は別にして,このような習慣がまだ続いていることはうれしいことです。


ところで,NPO法人トータルサポートネットワークでは本日(1/15)鹿児島の伝統行事「餅花(めのもち)飾り」の体験活動も行われるそうです。


先程の,白木神社は,鹿児島県の重要文化財として昭和28年に指定をうけました。建立は応永15年(1408年)で元々観音堂で,明治初年の廃仏毀釈の難を逃れるために「白木神社」と呼び,現在にいたっているそうです。
中には白木観音像があり,これも建物の翌年(S29)に県の重要文化財の指定をうけました。裏には「大導聖観音白木山長福寺行基菩薩御作也。応永十五年三月六日」書かれているがこれは足利時代に墨書きされたもので,彫刻の形式から鎌倉中期から平安末期の作ではないかと考えられるそうです。
スポンサーサイト
関連記事

tag : 文化財 五穀豊穣 メノモッ 伊佐市

06:50  |  伝統行事・食  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。