06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.09.18 (Tue)

アゲハの幼虫・蛹

我が家の小さな花壇 どこからか猫がやってきて“ウンチ”を
対策として園芸店で見つけた「猫不寄(ネコよらず)」という植物を植えました。
1年前に植えたのがかなり茂っています。
アゲハが発生している植物


ミカン科ヘンルーダ属 学名:Ruta graveolens というもので,ラベルには「かんきつ系の匂いがして,オーストラリアでは猫が嫌がる植物として有名です。」とあります。
ミカン科ヘンルーダ (ねこ寄らず)

ところで,このヘンルーダの葉を見ると,ところどころに鳥の糞のようなものが付いています。
じっくり観察するとこの糞 実はアゲハの幼虫です。

成虫が飛んできて産卵しているところを何度も見ています。

最初の幼虫はもちろん卵から出てきたばかりですから1mmにも満たないくらいですが,少しずつ成長していきます。
下の写真で約5mm程
アゲハ幼虫

これで1cm程 どうみても「鳥の糞」
外敵から身を守るための擬態と言われています。

アゲハ幼虫2

脱皮を繰り返すと 今度は模様ががらりと変わります。
今度は外敵から身を守るために,オレンジ色の奇妙な角を出します。
また,目玉は模様で実際の目は小さく口の近くにあります。

アゲハ幼虫3
大きさは一緒に写っているボールペンの先と比較するとおおよその大きさがわかります。



さて,いよいよ蛹に。植物からは少し離れたところに移動して蛹になるパターンが多いです。
蛹になる場所まで移動して,やがて完全に止った状態に。

アゲハ幼虫4


やがて最後の脱皮が終わると蛹になります。

アゲハ蛹

蛹の色は緑っぽかったり茶色っぽかったり,蛹になる場所によって色が違うのも身を守るための方法だと思われています。

あと、どれくらいしたらになるでしょう。
実は先もいろいろな困難が立ちはだかります。

そんな写真が撮れたらまたアップします。
スポンサーサイト
関連記事

tag : アゲハ

19:53  |  自然  |  コメント:(0)

2012.04.14 (Sat)

ツマキチョウ メスの撮影成功

先日紹介しました春の少しの間だけ現れるツマキチョウです。⇒【春の妖精  ツマキチョウ】 
このときに見ることができたのはオスだけでした。

そして,今回,メスのツマキチョウを発見し,写真を撮影することができました。

最初の写真は,羽を閉じた状態で見ることができる模様はオスもメスも同じです。
ツマキチョウ4/14b

メスの特徴は羽の先の色は白を基調として黒い斑点があります。
ツマキチョウ4/14a

次の写真(3/30日に南さつま市)は少しピントが合っていませんがオスのツマキチョウです。上の写真と違いオスは羽の先が黄色くなっています。これが名前の由来になります。
ツマキチョウ3

以前も書きましたが,このはモンシロチョウと同じシロチョウ科の仲間です。モンシロチョウより少し小さめで,飛び方もモンシロチョウはひらひらって感じですが,ツマキチョウは少しバタバタって感じです。

ツマキチョウ4/14c

ツマキチョウ4/14e

が蜜を吸う場合はクルクルと渦巻状になっていた管を伸ばして花の奥に突き刺しながら吸います。

ツマキチョウ4/14f

昆虫の写真を綺麗に撮るコツは
眼にピントが合えば見やすい写真になります。

今回の撮影では,幸いにも20枚くらい撮影できましたが,
結局,ピントが合ったのは数枚でした。

は敏感でこちらが少しでも動けば,すぐに飛んでしまいます。


この写真が一番のお気に入りです。触覚も 芽も 口器も ピントが合ってます。 
ツマキチョウ4/14d

あ 場所は,鹿児島じゃなく都城市です。 
鹿児島でも見ることができます。タイムリミットまであとわずかです。

ダイコンの花のところに現れるかもしれません。是非見つけてください。

関連記事

tag : 昆虫 ツマキチョウ

23:25  |  自然  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。