03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.04.29 (Sun)

食の検定 2012年6月24日実施

6月24日(日曜日)食の検定・食農級3級と1級が開催されます。

食の検定は 食育推進のために実施されるものですが,食・農業・食品に関係する仕事をおもちの方,興味がある方ぜひ挑戦してみませんか?

これまでの3級受験者は全国で約21,000人 約半数が食品関連企業,外食・中食サービス業,農業関連企業・生産者,医療・福祉・栄養・調理関係の方々です・

全国で11会場で実施されます。鹿児島会場は鴨池にあるJA会館です。

鹿児島県では,これまでの受けた方々は,加世田常潤高校・国分中央高校・鹿屋農業高校など高校生,社会人ではJA,青果市場,病院,食品会社等にお勤めの方,農政関係をはじめとする公務員,教員が受験されているようです。

そして,全国のいつくつかのJAではこの検定のテキスト等を利用しての新任研修が行われています。

私もこの検定の食農ボランティア個人会員ですので,紹介したいと思います。ちらしがありますのでどうぞ
食の検定1

今回の検定は3級と1級になります。ただし,1級受験資格は2級合格者です。
わたしも今回1級受験予定です。MKさん HKさん もう1級申し込みましたか?
そろそろ勉強会しましょうか? 飲みながら・・・
食の検定2


参考までにチラシの裏側は申込書です。
食の検定協会のホームページからも申し込むことができますよ。
食の検定3


なお,食農3級の出題範囲は公式テキストブックからですが,その項目は次の通りです。
第1章 食を考察する
 1「食べる」ということ  2日本人の食と農  3食事とからだ
第2章 食材を知る・学ぶ
1農作物とは   2農産物を選ぶ
第3章 米を知る・食べる
 1稲と米 2米を選ぶ・食べる 3その他の穀物を知る・食べる
第4章 豆を知る・食べる
 1豆を知る・食べる
第5章 野菜を知る・食べる
 1野菜を知る 2野菜を選ぶ・食べる 3野菜生産を知る
第6章 果実を知る・食べる
第7章 農業を知る・食べる
 1暮らしと農業を考える 2農と食料
◎九州(九州で受験の方)の食材は,「日本の地域食材2009年版(3,300円 NPO法人 良い食材を伝える会発行)」から10問出題されます。
 
公式テキストブック(第2版)は書店にもあると思います。協会への注文も可能です。amazon.co.jpなら便利だと思います。


なお,食の検定について もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。⇒ 【食の検定協会 ホームページ】
スポンサーサイト
関連記事

tag : 食の検定 食育

00:45  |  食育  |  コメント:(0)

2012.01.25 (Wed)

かごしまの食活動交流会2

昨日に引き続きの報告となります
さて正式名称は 平成23年度 かごしまの“食”活動表彰式及び活動交流会 で,
広げよう!かごしまの“食”をテーマに開催されました。

活動表彰ですが
食育活動と地産地消活動に先進的に取り組まれた5団体等がかごしまの“食”活動表彰を受けられました。
大賞として
食 育 活 動 部門に NPO法人 霧島食育研究会
地産地消活動部門に 日置地区地産地消ネットワーク
優秀賞として
JA種子屋久女性部ワイワイ畑給食部会・鹿屋農業青年クラブ・(有)川辺やすらぎの郷
でした。

表彰式に先立ち,鹿児島県食育シニアアドバイザーの草野 健氏の講評。
そして
霧島の地で「超ローカル」で「最先端」の食育活動を実施されている【NPO法人 霧島食育研究会】
日置市・いちき串木野市・南さつま市の直売所・農家レストラン等の20施設が共同でスタンプラリーやバスツアーを実施されている【日置地区地産地消ネットワーク】
青空市から直売所へ発展し,学校給食交流会や出前授業・農業体験を実施されている【JA種子屋久女性部ワイワイ畑給食部会】
保育園と連携し,アグリキッズ育成プロジェクトや食育レンジャーショーを実施している【鹿屋農業青年クラブ】
地場産大豆の豆腐・味噌やヨーグルト等を開発・販売し,地元食材で料理を提供している【(有)川辺やすらぎの郷】
それぞれの受賞団体の方が活動内容を発表されました。
食交流会表彰
私もNPO法人 霧島食育研究会の食の文化祭に行ったことがありますが,地域を巻き込んだ活動にはとても共感と関心を持ちました。
また,昨年,地元新聞で掲載された食育レンジャー」には,ぜひ『薩摩剣士隼人』とのコラボを実施してほしいと思いました。薩摩剣士隼人食育レンジャーも鹿児島の食と農林水産物を愛していると思います。(関係者の皆様よろしくお願いします)
(有)川辺やすらぎの郷のヨーグルトには,私の同行者でこの日の司会者の中村さんお友達でもあるKさんも大変感動していました。


次に「広げよう!かごしまの“食”」のテーマについて,県の食育・地産地消の担当の方からプロジェクター用いて趣旨説明がなされました。
活動交流会
○平成23年度からスタートした第2次の「かごしまの“食”交流推進計画」において,本県の豊かな農林水産物を活かして地産地消を基本とした健康で豊かな食生活の実現」をめざし,食育・地産地消の取組の輪を更に広げることとしている
○食育・地産地消に取組む団体や地産地消推進サポーター,地産地消推進店等が一堂に会し,事例紹介・情報交換を通じて,今後の情報発信活動に役立てるなど,食育・地産地消の取組を更に推進する応援団としての活動を期待したい
という内容のお話でした。

引き続き
野菜ソムリエでもある蒲生物産館 くすくす館の内村店長,さつま芋・紫芋農家の娘さん 山脇農園野菜菓工房「楓」Fu-の山脇担当,食文化の宴等で県産食材を活かした料理を作るホテル鹿児島東急インの下原調理長の活動事例紹介でした。

展示コーナーでは
鹿児島県の食育・地産地消の取組紹介と地産地消推進サポーターによる情報発信の事例紹介(昨日このブログ上で報告していますのでご覧ください→かごしま食交流会)のパネルによる紹介がありました。子の展示の中にもありました食べることが大好きなフードコーディネーターさんとも久しぶりにご一緒できました。

あわせて
こだわりの食材・メニュー等の紹介や試食など 地産地消推進店からの紹介がありました。食の交流会

私も地産地消推進サポーターとして参加することができ,県内で活躍のいろんな方のお話を聴くことができて良かったです。もっともっと参考にしたいと思います。そして,将来このような活動ができたら素晴らしいことでしょう。受賞された団体や発表された団体のところには,是非,お伺いして日々の活動を教えていただきたいものです。
最後に
司会の中村さんご苦労様でした。また,この日お会いできた皆様これからも情報交換よろしくお願いします。そして,この交流会を企画いただいた関係者の皆様には厚く御礼申し上げます。
関連記事

tag : 地産地消 食育 薩摩剣士隼人 食育レンジャー 地産地消推進サポーター

23:59  |  催し  |  コメント:(4)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。