07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.09.11 (Wed)

うちごはん

ユーカリの家では 家事は できるほうができることをするがもっとー
特に区分けをしているわけでもありません。

夕食もそのひとつ

記憶にとどめたくて

9/9の夕食
冷蔵庫の中には かごしま黒豚肉

野菜は・・・・見渡すと鹿児島県産のタマネギと生姜 それも北海道産のニンジンくらい 
こんなときにはネットが役立ちます。

ショウガ焼き丼発見。


さっそく タマネギを薄切り 生姜 ニンジンを千切り
これを炒めます。
火が通ったら豚肉を加えます。

肉の赤みがとれたら 

醤油大さじ4.5杯 酢大さじ3 みりん大さじ3 を加えてさらに炒めると出来上がり

ごはんにのせて出来上がり。
 
2013年9月9日夕食


おっと  翌日9/10も同じ展開になりました。

前日とほぼ同じような材料

とっさに思い付いたのはチャーハン

問題はあらたに加わった「にがごい」 そう ゴーヤともニガウリとも
にがごいも材料のひとつ。積極的には食べない娘。小さく切ったら食べるでしょう。
とも思い小さくきりました。

ニガウリ りニンジン タマネギ を多めに刻み 炒めます。鹿児島豚肉も小さめに切って加えます。

そこに溶き卵を加え少し炒めます。

朝の残りご飯をくわえ 塩コショウを振りながら最後は味付け。 

醤油 みりん 加え炒めてできあがり。

2013年9月10日夕食


娘「おいしい」って
ユーカリ「よかったよかった」

スポンサーサイト
関連記事

tag : うちごはん 鹿児島黒豚

23:50  |   |  コメント:(0)

2013.02.14 (Thu)

娘のための親父弁当

パートナーが不在のときには 親父が頑張って 娘のお弁当作り。

今朝 4:59に目ざまし時計で起床。
しばらくしてから お弁当作り開始

メニューはまったく未定 せいぜい卵焼きくらいでしょうか。

冷蔵庫や食品棚・野菜置き場を見ながら徐々に料理が増えて行きました。

そして出来上がったのがこれ

娘のための親父弁当1

では メニューの紹介

スナップエンドウとニンジンのきんぴら
 ⇒さやの端を取り除きニンジンの細切りをゴマ油で炒め
  酒 砂糖 みりん 本だし を加えて炒めます。
  ゴマを加えるのを忘れてしましました。

鹿児島黒豚コロコロ野菜炒め
 ⇒黒豚のヒレブロックを 約1.5cm角のサイコロ状に
  キャベツとタマネギと一緒に炒めて塩コショウをパッパ。 

酢漬けスパイラルキュウリ
 ⇒以前紹介したことがあるスパイラルキュウリ
スパイラルキュウリの作り方
  こんな風にしてバネの様に切ったキュウリを砂糖を少し加えた酢に10程漬けました。

ネギとニンジン入り卵焼きハート風
 ⇒ネブカネギの緑が残る葉の部分をみじん切り,同じくニンジンも
  卵と混ぜてフライパンへ。
  出来上がりを斜めに切って並び変えハート型に・・・・・一応バレンタインでしたので 

ブロッコリーとカボチャとミニトマト
 ⇒ブロッコリーは1分ほど茹で
  カボチャは5mm程にスライスして,桜の型で切り抜いてレンジで30秒

ご飯
 ⇒伊佐市大口のお米(伊佐米) 品種は鹿児島県育成の“あきほなみ


こだわったのは 
地産地消
②野菜いっぱい
③彩り

材料のスナップエンドウ・ニンジン・キャベツ・タマネギ・キュウリ・ネブカネギ・ブロッコリー・カボチャ・ミニトマト・黒豚肉・タマゴ・お米(あきほなみ)はすべて鹿児島県産です。
ただし,ふりかけは市販のものです。

もう一度 角度を変えて

娘のための親父弁当2

帰宅後娘に聞いてみると「まあまあ」 だって・・・・
関連記事

テーマ : 鹿児島の食材 - ジャンル : 地域情報

tag : 地産地消 あきほなみ 鹿児島黒豚 弁当

20:39  |  弁当  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。