04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.05.24 (Fri)

薩摩義士頌徳慰霊祭 前夜祭

「住みなれし里も今更名残りにて
   立ちぞわずらふ 美濃の大牧」

「身を捨てて せき止めたる大川の
  なみの音なほ高く聞ゆる」 

平田公園にたつ平田靱負の銅像。ここには平田靱負の家があったそうです。

そして命日である毎年5月25日は薩摩義士頌徳慰霊祭が行われます。

2013薩摩義士頌徳慰霊祭前夜祭1

そして 今日は、慰霊祭の前夜祭でした。

木曽川、揖斐川、長良川と陸を表したを紙灯籠 会場を彩り 薩摩義士たち遺徳を偲びました。

2013薩摩義士頌徳慰霊祭前夜祭3

紙灯籠の作りは いたって簡単。
紙袋の中に砂を入れ その中央に ろうそくが 

2013年今年は 何と薩摩剣士隼人が着火式に来たそうです。あーあ 残念。会うことができませんでした。


2013薩摩義士頌徳慰霊祭前夜祭4


それにして 2000個程の紙燈篭はとても幻想的です。

2013薩摩義士頌徳慰霊祭前夜祭5


2013薩摩義士頌徳慰霊祭前夜祭7


2013薩摩義士頌徳慰霊祭前夜祭8

平成20年ころから始まったこの紙灯籠 とても素敵な景色です。

ぜひ 未来に残したい風景の一つにしたいですね

2013薩摩義士頌徳慰霊祭前夜祭6


そして 今年は 満月がとてもきれいな薩摩義士頌徳慰霊祭前夜祭となりました。


2013薩摩義士頌徳慰霊祭前夜祭2
スポンサーサイト

tag : 平田靱負 薩摩剣士隼人

23:50  |  歴史  |  コメント:(0)

2012.12.22 (Sat)

大口筋白銀坂 

朝はいい天気。だんだん雲行きが悪くなってきました。
そんな中パートナーと食事へ・・・・・
その後 これまでずーっと 行ってみたかった場所に
大口筋白銀坂(おおくちしらがねざか)」に行きました。

その昔,薩摩国と大隅国の国境にあった幹線です。
現在の地名では,姶良市脇元から鹿児島市牟礼ヶ岡です。
歴史国道として国土交通省により選定もされているようです。

20121222白銀坂1

まずは,白銀坂の下側の手前にある案内板(実際には,青丸・赤丸・黄丸は書いてありません)

黄色丸で囲んだ場所が下部の写真です。スープカレーが美味しい「剛屋」があります。
実はここで食事をしました。ちょうどその時にMBCラジオのポニーメイトのお二人も食事をされていました。駐車場にはポニー号が止っていました。

20121222白銀坂2


駐車場を鹿児島市方向に80m程歩くと竹林に囲まれた白銀坂です。(赤丸のところです)
でも,この竹 たぶん 当時はなかったでしょう。県内各地で竹が繁殖しており自然林や人工林が竹に浸食されていますがここも例外ではないでしょう。

20121222白銀坂3

竹の話はまた別な機会にUPします。

20121222白銀坂4

急な坂に石が敷き詰められていますが,ここを島津の殿様が通ったのでしょう。

20121222白銀坂5

そんな歴史を少しだけ感じながら歩きました。

大口筋にはこの白銀坂の他に龍門司坂があります。今年(2012)の8月にあいらビュー号で行きました。
その時の様子を書いていますのでよろしければご覧ください⇒【あいらびゅー 姶良市周遊観光バス 龍門司坂&龍門滝

tag : 大口筋 白銀坂 あいらビュー

22:57  |  歴史  |  コメント:(0)

2012.09.25 (Tue)

南州墓地の庄内柿

ここは,西郷隆盛等が眠る鹿児島市の南州墓地です。

南州墓地 西郷隆盛墓石


この南州墓地にあるのが「庄内柿」

南州墓地 庄内柿4

「庄内柿」という柿は,山形県鶴岡を代表する秋の味覚の一つのようです。

えーどうして「庄内柿」が南州墓地に?


2種類の案内板があります。

南州墓地 庄内柿1

庄内藩の菅臥牛翁とは菅 実秀(すげ さねひで)のことです。 
のちに「南洲翁遺訓」を刊行しました。

南州墓地 庄内柿2


この写真は,2012年9月23日の庄内柿です。もう少しで色付いてきますね。
南州墓地 庄内柿3

tag : 西郷隆盛 南州墓地

23:01  |  歴史

2012.09.23 (Sun)

せごどんのえんこ

鹿児島と偉人と言えば西郷さんって最初に出てきますよね。もちろん他にもいっぱいいらっしゃいますが。

ところで9月24日と言えば西郷さんの命日。

毎年この日に近い休日にせごどんのえんこ(西郷さんの遠行)があります。

今年えんこには参加しませんでしたので2008年に娘と参加した時の写真を3枚アップします。
コースはいろいろありますが,私たちは鹿児島市加治屋町にある生誕の地からのスタートでした。

せごどんのえんこ1

甲突川沿いを北上,草牟田あたりで国道3号線を横切り護国神社へ。

せごどんのえんこ2


しばらく歩くと城山に,ここは薩軍の本営があった場所です。碑が建てられています。
城山を岩崎谷の方に降りると洞窟があります。

せごどんのえんこ3

現在,洞窟は2つだけですが,当時は11くらいあったようです。
しかも最初からあったわけでなく,西郷さんたちが9月に城山に帰ってきてしばらく経過してから掘られたものです。

そして薩軍の岩崎谷の堡塁があった方向に移動中に弾丸を受けて自決します。現在の城山トンネル近くの信号が交差点あたりになります。ですから現在終焉の地の碑がある場所からは200m程西側になります。

西郷さんの遠行はここからさらにお墓がある南州墓地・南州神社へと向かいます。


さて,今日の話に戻しますが,先週予定されていた中学校の体育祭が台風の影響で今日に順延となったところもあり,少なめであったとお店のご主人は話されていました。

私は遠行には参加せず,昼過ぎに直接 娘と行ってきました。すでに遠行は終わっており,南州墓地には遠行の人影はありませんでした。


ここ南州墓地には,薩軍の2千余名が眠っています。みんなから囲まれるよう場所に西郷さんのお墓も。
その後ろには,弟の西郷小兵衛の墓があります。小兵衛は,西南戦争が始まって早くに戦死しています。

写真は墓石の後ろから撮影していますが右側が西郷小兵衛で その前に写真では中央部に西郷隆盛の墓があります。今でもお兄さんの隆盛を見つめているでしょう。

南州墓地1


西郷さんのお墓には,彼岸花がお供えしてあり,そんな西郷さんの墓石に向かって手を合わせました。

南州墓地2


そして,墓地内のほんの一角に生えている白い彼岸花も満開でした。
向こうに見える屋根は南州神社。その手前に西郷さんのお墓が見えます。

南州墓地7

tag : 西郷隆盛 せごどんのえんこ

23:46  |  歴史

2012.03.11 (Sun)

都城見聞記

都城歴史資料館に行きました。本資料館は総木造で平成元年に開館したそうです。
この場所は,中世城郭「都城」にあり,北郷義久の築城とされますが,元和元年(1615)に廃城となったそうです。
月に1回程度都城に行きますが,国道10号線を通る時に見える城状の建物が気になっていたのです。
上側の写真は櫓門で平成6年に建設されたと説明文にあります。そういえば鹿児島の鶴丸城跡の入り口にも櫓門跡ありますね。
都城城山公園1

この歴史資料館の入り口横に 2つの像があります。
面白いことに口を開けたのと閉めた状態のものです。

では,何といってるのでしょうか? そのまま口の形を見てくださいね。 あ  うん ですね。
都城城山公園2
以前,S川さんに教えてもらったことがあり,像を見るなり思い出しました。


都城城山公園3
最後のこの場所で咲いていた花を撮影しました。


ところで面白い自動販売機を見つけましたので紹介します。丸に十の字のマークがついていたので紹介しますね。
島津 自販機


03:27  |  歴史  |  コメント:(0)

2012.01.12 (Thu)

秀吉が腰かけた石(伊佐市見聞記)

天正15年(1587年)秀吉が鹿児島に入りました。
島津義久・義弘は秀吉と会見し,人質を出して和を乞うている時,大口における新納忠元だけは一人大口城に拠って,しきりに防衛の準備を整え,容易に和議に応じようとしなかった。しかし,義久・義弘の説得により秀吉のところに出頭します。
そして現在の伊佐市大口針持の関白陣で豊臣秀吉と新納忠元が面会しました。このとき秀吉はいたく気に入ったそうです。
翌日,秀吉が羽月園田を通行中に忠元は秀吉のかごを見送っていたところ,秀吉はこれを見て忠元をよびます。平伏している忠元に,自ら陣扇を与え,忠元はこれを受け,近士を通じて扇子のお礼と帰国の平安無事を祈念したそうです。このときにかごを降ろしたところは今も「太閤の腰掛け石」として残ってる。
・・と 大口市郷土誌 上巻(S56年 大口市長大樅利夫 発行)に記されています。

その腰掛け石が次の写真です。
秀吉腰かけ石

ここは伊佐市大口鳥巣の二反田孝男氏の敷地です。
先日 訪ねてみました。幸い二反田氏とお会いして説明していただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのときに頂いた説明文を紹介します。
 秀吉の腰掛け石
 天正15年(1587年)曽木天童ケ尾での会見の帰路,園田で送別に出迎えた忠元を見てカゴを止め,陣扇を与えた際に腰掛けたとされる石。天正15年(1587)九州平定のため西下した豊臣秀吉は,同年5月島津義久の降伏により帰途についた。しかし,大口地頭新納忠元は一戦も交えずして,秀吉の軍門にくだることは武士の恥となかなかこれでに応じようとしなかった。再三の島津義弘の厳命によって,心ならずも曽木の天堂ケ尾で秀吉と面接させられることになった。やがて,天堂ケ尾をたって,肥後(熊本)に帰る秀吉を,忠元は送別の礼として園田の路傍に出迎えた。カゴの中からこれを知った秀吉は,カゴを留め近くに招いて陣扇一柄を与えた。これが口伝にいう「秀吉の腰掛け石」で,当時のままの石が,ここある。(大口図書館の資料のようです)


実はこの二反田氏の敷地 ご自身で造成された「水生植物園」があります。
二反田水生植物園
春になると様々な花が咲き やがてトンボ等の楽園となり多くの方が見学あるいは勉強会,さらに写真撮影会に来園されるそうです。

そのときにまた お伺いしたいと思います。


20:35  |  歴史  |  コメント:(2)

2011.12.23 (Fri)

薩摩藩英国留学生 長沢鼎

現在,鹿児島中央駅には若き薩摩の群像があり,薩摩藩英国留学生の遺徳をたたえるものです。

また,いちき串木野市ではこの留学生が羽島を出港してあと数年で150年を迎えることから薩摩藩英国留学生記念館(仮称)計画があります。完成するのが楽しみです。

さて,羽島を出港した留学生と視察員の19名の中に13歳の少年が含まれていました。それが長沢鼎(本名:磯長彦輔,当時の本籍:鹿児島市荒田53)です。
 
現在,鹿児島国際大学では「鹿児島国際大学考古学ミュージアム特別企画展 薩摩英国留学生 長沢鼎展」が開催されています。(ただし,12月26日までです。26日が最後の一日となります)

長沢鼎展1

私も少しだけ薩摩留学生に興味があり,ぎりぎりで見学しました。その際,国際大学の先生より案内もいただきました。

そこで聴いた話や展示されていた内容,展示会場に用意してあった年表をもとに,私なりに長沢鼎の年齢を追いながらまとめてみました。

13歳
1865年4月17日羽島を出港し,6月21日にはサウサンプトンに入航しました。途中でピラミッドも見学。留学生はロンドンに向かい英語の勉強や工場見学等でしばらく過ごす。
その後,留学生はロンドン大学に入る,長沢は年齢が達していないために,イギリス北部のアバディーンに送られトマス・グラバーマー(龍馬伝でよく出てきました)の実家に寄宿して中学校に通う。
中学校では成績優秀でラテン語・英文法・地理・読解・作文で1位になり,当時,地元新聞にも紹介。
15歳
1867年討幕の密勅が薩長に下ると日本に帰国する。しかし,長澤や森有礼(初代文部大臣)ら6名は渡米し,宗教家のトマス・レイク・ハリスのもとで共同生活を始め,やがて新農園でぶどうの栽培も行われぶどう栽培に情熱を持つ。
16歳
しかし,勉強の進め方の意見の相違で長沢以外の5名は帰国。
19歳
もっとも親しかった森の説得にも応じず,アメリカ永住を決意します。しかし葛藤もありこの頃の日記には「私はそこでとてもつらい思いをしたので涙がとめどなく流れ,ほとんど夜半まで声をあげて泣いた」という文章が見られる。
23歳
ハリスとともにカリフォルニア州サンタローザに移住。
30歳
ワイン醸造所が完成し,レイ・クラーク社が設立。その当時の円形の納屋は現在でも残る。
40歳
宗教家としてのハリスの教えに疑問を持った女権主義者からの糾弾,ハリスはニューヨークに移動し,長沢は土地と醸造所の管理を任される。
45歳~
最初の帰国。このときすでに「ブドウ王として」知れ渡り,メキシコにも農園を作り日本人移住の計画を持っていたことが新聞にも記された。しかし,この計画は実現せず。
しかし,長沢のワイナリーは最盛期にはカリフォルニアを代表するようになり,海外にも輸出され,やがて「カリフォルニアのブドウ王」呼ばれ,地域の人々からも尊敬されるまでになる。
そんな中,肥沃な土地での成功を夢見た日本からの移民が急増したことにより,人権差別や偏見を生みだした。
54歳
ハリスが死去。
日本人の移民制限決議がなされ,排日運動が高まる。
59歳
全ファウンテングローブを所有することになる。
67歳~
禁酒法(1919~1934)により経営に大きな打撃を受ける。
82歳
1934年サンタローザで死去。独身であったために,農場と会社は弁護士等に配分された。

実は長沢鼎が脚光をあびるようになったのは,1983年11月11日訪日中の当時のレーガン大統領が国会にて演説がきっかけだったようです。
展示してあった中にこのように書かれていました。「・・・・・・長沢はカリフォルニアにやってきて学び,滞在し,われわれの生活を豊かにしてくれた。日本とアメリカは,武士からビジネスマンに転身したこの日本人に負うところが大きい。・・・・・」


長沢鼎展を企画された鹿児島国際大学等の関係者の皆様および紹介頂いた鹿児島サンタローザ友好協会事務局長 七枝 氏に感謝します。


13:54  |  歴史  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.12.04 (Sun)

九州・山口近代化産業遺産群を世界遺産に

九州各県の新聞社が中心となる毎年持ち回りで開催される九州創発塾(H12~18九州発見塾,H5~11九州平成義塾)があります。発見塾の目的は「県境を越えた地域連携・人材交流をとおして地域が抱える課題を共有し、ともに行動する機会を提供し,塾生間の自主的ネットワーク構築する」とされていました。

12月3日,この塾に参加した有志の方で集まって勉強会と懇親会が行われました。いろんな職種の方との交流がとてもすばらしいものです。知らない他業種のことやメンバーの思いなどを聞くことができました。とても楽しい充実した時間が過ごせました。

まずは「九州・山口の近代化産業遺産群」を世界遺産に!!と題して尚古集成館長の田村省三氏の講話を聴きました。

九州発見塾講話 

少しだけ紹介します。

世界遺産には自然遺産と文化遺産がある。間もなく富士山,次に鎌倉,その次に富岡製糸場(群馬県)に申請予定でその次 九州・山口の9つ地域の登録を目指している。シリアルノミネーションという考えです。(「 シリアル・ノミネーション」(serial=連続する nomination=推薦)複数の連続していない地域を含む遺産の推薦ということ)

九州・山口の知事会の政策連合になっており,その下に世界遺産登録推進協議会があり,福岡,佐賀,長崎,熊本,鹿児島,山口,岩手県の7県と鹿児島市を含む12市で組織され事務局は鹿児島県です。平成27年に世界遺産の決定が目標です。
日本は明治維新後①自力による近代化 ②積極的な 技術導入 ③国内外の石炭需要への対応 ④重工業化への転換を掲げ 50年で侍の時代から重工業に転換できた。当時アメリカのルーズベルトは「日本を敵にまわすかもしれない。」といったらしい。

日本の近代化は九州から始まり 当時の集成館は東洋一の工業地帯とされた。島津斉彬は日本で初めての写真の撮影もしている。集成館事業では溶鉱炉を作り大砲も作った。紡績工場は日本の紡績に大きな功績を与えた。異人館を作りそこに技術者が住んでいた。異人館の前の海岸には砲台もり外国船への対応もしていた。このような歴史的背景のなか遺産がのこっている。

ところで,それよりもかなり以前1543年鉄砲伝来1549年にはザビエルやってきたが1587年のメルカトルの世界地図には日本はひとつの大きな島であるがその南端に「Cangoxina」と書かれている。
ジョルジュ・アルヴァレス(1546年に薩摩を訪問。フランシスコ・ザビエルからの依頼で日本報告を執筆)の書いた「日本報告」には阿久根、川内、坊津、山川、鹿児島などの地名が見られる
「中城王子上国船行列図」では鹿児島湾に中国船が5隻描かれている。島津藩主 島津 重豪は天文館・演武館・造士館を作った。また様々なことに興味がありローマ字で「現在の君が代」を書いている。鹿児島日本の近代化に影響を与えたことはもちろんだが,その前からの流れがあったことは認識しなければならない。


-----------------------------------------------------------------
まだまだ講話は続くのですが 改めて日本の歴史の中で鹿児島はとても重要なポジションであったことを学びました。その歴史歴史で多くの人の功績があり,中でも集成館事業の島津氏や財政を必死に改善しようとした調所氏 薩摩の英国留学生,維新の立役者 西郷や大久保など偉大さを感じました。鹿児島を知るためにいろんな見聞を広げる必要がありそうです。


また,講演後の質疑応答の中で九州新幹線が全線開通した。遺産群はそのルート上にあり世界遺産化は遺跡の保護だけではなく観光面でも大きなメリットがあることを話された。

今回の田村氏の講演は九州発見塾の目的にもとてもマッチしていました。田村館長に改めて御礼申し上げます。また,講演依頼に尽力いただいた日立製作所の城戸さんにも御礼申し上げます。



さて,場所を移して懇親会。
懇談会

多くの方との交流が遅くまで続いたことは言うまでもありません。みなさん ありがとうございました。これからもネットワークを大切にしながらもっと広げていきましょう。
そして鹿児島をもっともっと盛り上げましょう。
23:20  |  歴史  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。