07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.12.17 (Sat)

鹿児島湾のレアメタル 大木教授

大木 公彦教授は 鹿児島大学 資料研究系の教授であり,現在,総合研究博物館の館長でいらっしゃいます。
大木教授
恐縮ではありましたが写真撮影の願いに快諾いただきました。ありがとうございます。


本講演は,鹿児島市環境未来館の講座として実施され,演題は「義弘・斉彬の見た地形と地質」ですが,ここでは錦江湾(鹿児島湾)の鉱物資源について報告したいと思います。

では,さっそく。

金が採れるところは全国的にも有力な大名がいた。
東北:阿部氏,藤原氏,伊達氏。甲武信:武田氏。伊豆半島:鎌倉幕府(源氏,北条氏)。佐渡:江戸幕府(徳川)。中国地方:大内氏,毛利氏。大分:大友氏。鹿児島:島津氏。これは金の生産が藩の財力になっていたことが想像できます。

現在,鹿児島県は全国でも金の産出量が多く,菱刈金山は,1985年に採掘が始まり総産金量165.7トンを超えている。ちなみに佐渡金山は82トンです。菱刈鉱山以外にも春日鉱山,赤石鉱山,岩戸鉱山が操業中です。昨今,金が注目されているのですでに閉山した串木野鉱山にも動きがあるとのことでした。

ところで
鹿児島湾には鉱物資源が確認されました。このことは,大木教授らの調査で1970年代には発見されていたそうですが,ここにきて脚光を浴びています。

雪の桜島20110102
余談ですが,写真は私が撮影した2011年1月2日の桜島ですが,これを取り囲むような錦江湾:鹿児島湾の海底に注目が集まっているのですね。ますます錦江湾は興味深くなりました。多くの生き物が住む宝庫。大噴火によりできた姶良・阿多・山川カルデラ。歴史的には月照和尚と西郷隆盛が入水し,さらには,イギリス艦隊7隻が訪れやがて薩英戦争が勃発した場所です。 


大木先生の話に戻します。
そのような関係で鹿児島大学以外の調査船を時折みることができるということでした。 

では,どのようにして金属に変化するのかは,次のようなながれです。
マグマが噴出する場所→火山→マグマと地下水の共同作業→熱水・温泉→金鉱脈
これが錦江湾の海底で起こっていることだそうです。

錦江湾の海底熱水噴気孔周辺には鉱床堆積物(鉄・銅・亜鉛・銀・アンチモン:レアメタルの一種・硫黄)の存在が確認されました。

湾奥部のチムニーといわれる熱水の噴気孔(いわゆる たぎり)は,まさにホットスポットというべきでしょう。


質疑の時間をいただきましたので
「これまで鉱山の歴史は公害の歴史でもあると聞いたことがありますが,錦江湾の海底を掘削することは環境破壊につながらないのでしょうか。実際に発掘するようになるのでしょうか。」と質問しました。

回答は
「実はたぎりの調査も環境への影響を調査する目的でした。その際に熱水噴気孔周辺の鉱物が確認できたのです。ただ,鉱物があっても掘削には環境への影響や漁業権などの問題があり,発掘による環境への影響を防ぐためには,例えば巨大なバキュームで海水と海底の土砂を丸ごと吸い上げるというようなことが考えられるが,現実的には無理なことです。しかし国はその方法を検討しているかもしれません。」ということでした。

大木教授の話は,鹿児島の温泉。桜島と姶良カルデラ。吉野あたりが海底だったこと。獅子島になぜ恐竜の化石が発見されるのか。などこれまで5,6回ほど聴きましたが,今回のお話もとても興味深く聴かせていただきました。他にも多くのことを教わりましたが,また次の機会に紹介します。

スポンサーサイト
23:47  |  講演  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.12.06 (Tue)

鹿児島中央駅西口を教育の場に

11月24日 初めて参加したグループの講演会がありました。
場所はこじんまりとしたところでしたので,とても家族的な雰囲気の中で行われました。
講師の方の表情を目の前で拝見しながら聞くことができました。

私の記録の不備で内容を正確に伝えることができないかもしれませんが印象に残ったところお伝えしたいと思います。

場所はホテルクレスティア鹿児島
『今,時代は学力より学習力』と題して学習塾APEXの代表 堀切千明氏の講演です。
平成14年に鹿児島・福岡に11教室を設立したが,その後別会社にして譲渡した。その後「後ろには私がいます」とついてきてくれた社員がおり,死にものぐるいでやってきた。そんな私の経験から話を進めていきたいと思います。

サーティワンの社長の名刺
にはアイスクリームの無料券がついている。私は自分に置き換え,私の名刺にも星マークがついている。これは入学時の割引金額を示しています。


学力ではなく学習力
が大切です。15年前に有名私立中学に行く子を担当し,そのまま系列の高校そして東京大学・東京大学大学院へ進んだ。しかし,現在彼は無職です。その理由はコミュニケーション力がないためです。大学の歯学部を卒業した歯科医が夜逃げをする。司法試験に努力の末,合格したにも関わらず無職である人は多い。


今の現実がベスト
子どもが行った学校が最高の学校。その子がやった仕事が最高の仕事です。今ある妻が最高。その人が最高と思うと気が楽になる。

七五三
という語呂合わせがある。すなわち3年以内の離職率が中卒で7割,高卒で5割,大卒で3割だそうです。では,どうして辞めるのかその理由を把握する必要がある。
①ビジョンに対しての信頼(方向性 経営者の想いはどうか)
5人の採用枠に対して2000人が集まる企業がある。宇宙一幸せな会社を理念にしている。 おもしろくおかしく過ごそうという未来工業。とてもケチケチした会社であるが社員全員でラスベガスの旅行がある。当然会社は留守の状態になるが取引先の会社が留守中に会社を守ってくれる。また今回の震災による負債を棒引きしてくれたそうだ。
他にも②上司への信頼 ③職場への信頼 ④制度への信頼を考える必要がある。
家庭に置き換えると,上司はまさしく親であり親が一生懸命に生きているか。家の中に感謝と承認があったか。良いと言ったか。制度があったか。


0-1-2-3
これは会社を経営するにあたる私の考えである。0は無借金,1は株式の一部上場,2は利益率20%,3は社員に対して年3回の賞与である。今度は,子育てに置き換えてみると,0は後悔を0にする。1はその子の一番を作る。2は子どものために親が2つの道を準備する。3は3人に幸せになってもらう。本人も親も友人も幸せになるということである。

人脈を作りたければ
人脈を持っている人と友達になる。1人で30人を知っている人と3人友達になれば100人近くになる。

企業が望んでいる人材は
①健康な人 
 約束の時間を守れる人。人の時間をとっておいて遅れるでは困る。すなわち心が健康でなければならない。
②コミュニケーション能力がある人。聞くこと=コミュニケーション能力
 積極性をもつ。自分が言い出しっぺになる。次に行動力。反応速度=行動である。
企業が必要としていることは,まず基礎学力をつける。これに乗っかり学習能力をつける。一生学ぶ。話を聞く。お茶を飲む。これも一つの手段である。


やりたいことがあれば
何年がかりでできるか考え,目標を一つにして超えなければならない五つの山を作り,10個の項目を書き出し5つに細分化し段階をつくり,ひとつひとつの階段を登ることにより目標を達成できる。

自分で何を咲かせたいのか
そのためには,自分の周りを幸せにする。そして好きにならないとダメ。非常識を常識に。という気持ちが必要である。

食について
食の話をすれば何時間でも話せます。
今の子ども達,添加物を年間15kgとらせている。しかもこの子に最も良いと思っている。親に知識がなさずぎる。私は,食べ物やメニューの紹介をしているが特に集中力をつける大豆を紹介している。




会場から,堀切氏の夢についての質問がありましたが,鹿児島中央駅西口を教育の場にしたいということでした。
きっとこの方なら実行されるだろうと感じました。

そんなお話を聴くことができました。重複しますが「置き換え」「0123」「反応速度=行動」「学習力」「目標達成のための細分化」「人脈のつくり方」とても印象深く残りました。
まだまだ不十分ですが早速活用するように心がけています。

異業種の交流会POLSH定例会での講演でした。主宰の長友ゆかり氏および居川博孝氏,そして,御講演いただいた堀切千明氏に感謝の意を表します。ありがとうございました。
23:22  |  講演  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。