10-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.01.04 (Sun)

しもやけになりそう 2015元日の雪

2015年元旦の雪景色です。

まずは 菱刈中学校前に建つカッパさん 体半分だけ雪がつもってるー

20150101菱刈かっぱ

まごし温泉の近くのたのかんさぁ(田の神樣)も
お耳がしもやけになりそう。

ことしも豊作になりますよ お守りください。

20150101菱刈たのかんさぁ

伊佐から 鹿児島に向かう途中 重富の干潟がある海岸へ

桜島も冠雪していました。

夕日が反射するのをまちましたが 残念ながら 雲があって・・・
また そんなタイミングがあればいいです。
20150101桜島(重富から)
スポンサーサイト
13:17  |  観光

2015.01.03 (Sat)

2014-2015 フラワーパークかごしま イルミネーション

指宿市山川にあるフラワーパークに行ってきました。

友人が 以前行ったと 写真を見せてもらっていましたので
感動して 是非自分でも撮って見ようと出かけました。

2015フラワーパークかごしまイルミ6

2015フラワーパークかごしまイルミ1

2015フラワーパークかごしまイルミ2
一応フラワーパークですので(笑)

お花も

2015フラワーパークかごしまイルミ3

2015フラワーパークかごしまイルミ4


2015フラワーパークかごしまイルミ5

このイルミは1/4までです。

また 1年後に行ってみたいです。

tag : フラワーパーク

23:53  |  観光

2013.11.28 (Thu)

伊佐市大口 曽木の滝公園も紅葉(11/24)その3

2013年11月24日に 県立曽木の滝公園にいきました。

目的は もちろん 紅葉です。


曽木の滝は東洋のナイヤガラとお呼ばれています。

滝のほぼ中央には 頭蓋骨にも見える大きな岩があります。

ここが見えるところにも紅葉が・・・・
20131124曽木の滝20

この滝はいろんな流れがあります。
紅葉の間から見える滝の一部を探してました。
20131124曽木の滝17

20131124曽木の滝15


さて 紅葉も色もさまざまです。


20131124曽木の滝19

こんな真っ赤な紅葉

同行していただいたSさんのアドバイスもあり

緑の笹を写しました。
20131124曽木の滝13


この写真の場所にはもみじの木が多く 下から見上げるとなお感動。

ちょうどこの写真を写していること昼過ぎの陽が射し一段鮮やかになりました。

20131124曽木の滝14

そして 多くのカメラマンが・・・・ カップルで ご家族で 立派な一眼レフをもって

みなさん すてきな 写真を撮られたことでしょう。

tag : 曽木の滝 紅葉

21:31  |  観光  |  コメント:(0)

2013.11.28 (Thu)

癒されます


街並みにも綺麗なイルミネーションが輝き始めましたが

JR鹿児島中央駅 アミュ広場に クリスマスツリー 登場しています。

そんな11月24日に 近くまで行きましたので パチリ


20131124アミュ広場 ツリー1

いろんな色に変わっていきます。
見てても飽きがこないです。

20131124アミュ広場 ツリー2

また 建物のイルミネーションとの組み合わせでさらに 綺麗に見えます。

20131124アミュ広場 ツリー3

間もなく12月 そして クリスマスのも近づいています。

今年は パートナーと娘と ディナーに行こうかな?

ねえ どうけ?

tag : アミュ広場 クリスマス

01:00  |  観光  |  コメント:(0)

2013.11.26 (Tue)

伊佐市大口 曽木の滝公園も紅葉(11/24)その1

2013年11月23日に伊佐市大口の 県立曽木の滝公園内では恒例のもみじ祭りが開催されました。

そして その翌日 行ってみました。

その時の写真を数回にわけて 投稿したいと思います。

まずは 曽木の滝 東洋のナイヤガラと呼ばれています。

ここは もみじでも有名な場所です。

20131124曽木の滝1

では 先日のもみじの様子です。

20131124曽木の滝2

20131124曽木の滝3

少し見えている建物は 公園内にある清水神社です。

20131124曽木の滝4

20131124曽木の滝5


20131124曽木の滝6

写真だけですが 次に続きます。

tag : 曽木の滝

23:50  |  観光  |  コメント:(0)

2013.08.07 (Wed)

人形岩(薩摩川内市) 

今日はぐりぶーと 鹿児島県薩摩川内市西方海岸へ

国道3号線を走行するときに 案内板の「人形岩」が気になっていました。

さっそく 国道沿いの駐車場に車を止めて 海岸におりてみました。

薩摩川内市人形岩1

大きなあの島みたいな岩が ・・・・・ で・・も・・・・ 人形には見えないし。

さらに 海岸を歩いてみると・・・うん???

薩摩川内市人形岩2

へーー 本当です。 人形に見える。


薩摩川内市人形岩3

ここからみると 2人も見えるし 母と子にも・・・・(父と子にも)・・・

薩摩川内市人形岩4


いやーー 立派な人形です。

大きな台風がきたら・・・・

でもこれまでずっと この形で維持されてきたんでしょうね。

気になたら やっぱり 直接見るのが いいです。

夕刻 夕焼けのときは オレンジ色の水平線に 人形岩のシルエットがみえるのでしょう。

そんなチャンスがあればいいなあ。


tag : 人形岩 薩摩川内市

23:26  |  観光  |  コメント:(2)

2013.08.03 (Sat)

海 種子島

2013.8.1 種子島1

再び 種子島へ 

きれいな海へ行きました。 3か所で写真撮りました。

なお 地図は国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所のホームページ地図を引用しました。
(赤丸の① ② ③ は ユーカリで記入しました)

「鹿児島国道事務所」へのリンクします⇒【種子島・屋久島マップ

2013.8.1 種子島5

①は浦田海水浴場。最初のハイビスカスもここで撮影です。

白い砂浜 沖に行くほど 青さが増します。

2013.8.1 種子島2

違う方向から見ると 緑いろにも見えます。

2013.8.1 種子島3

②は 千座の岩屋

太平洋の荒波が作り出した海蝕洞窟。千人座れるほど広いことからその名がついたと言われています。干潮時には洞窟の奥まで入ることができます。(南種子島町役場ホームページより説明文引用)

2013.8.1 種子島4

2013.8.1 種子島6

③は能野(よきの)海水浴場です。

2013.8.1 種子島8

2013.8.1 種子島7

2013.8.1 種子島10

2013.8.1 種子島9

tag : 種子島

16:38  |  観光  |  コメント:(0)

2013.08.03 (Sat)

お種子まき石(種子島 浦田神社) 

種子島の北にとても綺麗な浦田海水浴場 
さらに進むと浦田漁港
さらに集落の中を入っていくと銀色の鳥居が見えてきます。

ここが浦田神社。浦田神社には稲作発祥ともいわれる「お種子まき石」があります。

入り口には「お種子まき石」説明看板があります。

2013.8.1 お種子まき石1

お種子まき石
ここ浦田神社は白米を祀っており,祭神はウガヤフキアエヅの命(みこと)である。命(みこと)は神社のお種子まきの石の上から下の田んぼに向かって稲の種子をまいたと言われ,稲作発祥縁起の伝説が残る。
また,ここ種子島北部の浦田神社と種子島南部にある南種子町の豊満神社は一対をなす神社であり,南種子町豊満神社の赤米が絶えたとき浦田神社の白米を豊満神社へ持って行くと赤米になり,浦田神社の白米が絶えた時は,豊満神社の赤米を浦田神社に持って行くと白米になると伝えられている。

2013.8.1 お種子まき石2

鳥居をくぐると社殿が 稲穂が置かれていました。地域の方が供えられたのでしょう。

この神社に参拝したのは平成25年8月1日 種子島では早期水稲の刈り取りがほぼ終わり掛け干しの状態をよく見かけました。あるいは店頭には平成25年度産の白米(はくまい)も並んでいます。


入り口にあった案内板ある浦田神社の説明文には

  浦田神社
  種子島でももっとも古い神社に北の浦田神社と南の豊満神社がある。
  浦田神社の祭神は「ウガヤフキアエズノミコト。」
  豊満神社の祭神は「玉依姫」であることから,両神社は夫婦神といわれている。
  神饌米は豊満神社が赤米,浦田神社は白米である。
  この神社は拝殿だけで背後の森を神山として,山頂の二体の巨岩「夫婦岩」が御神体である。


2013.8.1 お種子まき石3

右側から社殿を見ると浦田港が見えます。

2013.8.1 お種子まき石4

左から社殿を見ると 奥に大きな石が まさにこれが お種子まき石のようです。

2013.8.1 お種子まき石5

2013.8.1 お種子まき石6
案内板には次のように書かれていました。

 西之表市指定文化財 御種子蒔石 昭和46年5月13日指定
 浦田神社のこの巨岩(450cm×250cm)は,口碑によると
 祭神ウガヤフキアエズノミコトがこの石の上から稲の種子(白米:しろごめ)を
 お蒔きになった神聖な石と伝えられています。

tag : 種子島 早期水稲

11:11  |  観光  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。