10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.30 (Wed)

11月の聴講

今月の聴講
11月8日(火)
 『幼少期の経験を通して,今伝えたいこと』
新撰組グループ 代表 重田 光康 氏 
鹿児島県生活指導研究協議会 於:鹿児島県総合教育センター

11月14日(月)
鹿児島地域の農林水産物を丸ごと味わうフェア第1部(生産者のフリートーク)
鹿児島・日置地区の農業生産者9名の方々
コーディネーター:アナウンサー 中村 朋美 氏

鹿児島地域農政推進会議 於:城山観光ホテル 

11月24日(木)
 『今、時代は学力より学習力 』
学習塾APEX(鹿児島市)代表 堀切 千明 氏
POLSH定例会  於:ホテルクレスティア鹿児島

11月26日(土)
『地球環境学~環境と生命40億年の旅~』
鹿児島大学名誉教授 理学博士 根建 心具(ねだち むねとも)氏
環境カレッジ  於:鹿児島市環境未来館

11月26日(土)
『おいしさの科学 おいしさを数式で表す試み』
京都大学農学研究科  教授 伏木 亨 氏
京都大学鹿児島講演会 於:ホテルパレスイン鹿児島
スポンサーサイト
関連記事
23:34  |  催し  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.11.30 (Wed)

農大祭 12月17日(土)

農大祭

鹿児島県農業大学校で農大祭がおこなわれるようです。

いちき串木野市から加世田方面に向かう途中(国道270号線)
日置市吹上町にある「ひまわり館」を少し過ぎたところに大きな案内板がにあります。

鹿児島市内からは 谷山インターから県道谷山伊作線を通って車で3,40分ほどです。
ぜひ行ってみませんか。

野菜科 花き科 茶業科 果樹科 肉用牛科 酪農科 養豚科の

学生さんたちが育てた農産物や製造した加工品などの販売,ピザやカレーライス等々の模擬店,お子様向けにはトラクタの試乗も。


同じ敷地内には農業開発総合センターもあり,水稲や野菜の栽培試験や品種の育成や病害虫の防除の研究や加工品の開発などを行っています。

同日 農業研究を知ってもらうために農業開発総合センター公開デーも行われます。
最近よく見聞きするお米の「あきほなみ」もこの農業開発総合センターで育成されたものです。

この機会に「あきほなみ」の生誕地鹿児島の農業を担う学生さんが学ぶ地を見学されてはいかがでしょうか。  



関連記事
22:34  |  催し  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.11.29 (Tue)

デコポン&種なし桜島小ミカン 買っちゃいました。

南日本新聞に
11月19日鹿児島市桜島町で「種なし桜島小ミカン」
11月24日薩摩川内市入来町で「キンカン」 
11月25日出水市野田町で「デコポン」
のはさみ入れ式の記事がありました。

通常の収穫はもう少し後になりますが 上記のかんきつ類は いずれも加温栽培(ビニルハウス等での栽培です)
桜島種なし小みかんについては私の記事の中でも書きました。
↑↑見たい方はクリックしてください。 

鹿児島のみかん かんきつについても書いています。
↑↑ぜひご覧ください。


さて 今日,早速 デコポン&種なし桜島小ミカン 買ってきました。
デコポン&小ミカン

鹿児島県産デコポン
には次のようなシールと表示が
JA鹿児島県経済連 ポンカンと清美を交配した品種で,糖度が高く濃い食味と独特な風味と果汁が豊富です。

種なし桜島小ミカン
は,桜島種なし小みかん研究会の小袋に9個入っていました。

いずれも大きさが分かるように極普通のリンゴを並べてみました。デコポン結構大きいです。
さて お値段は?たぶん 走りだと思いますので値段は高めですが・・・・
レシートを見てくださいね。 デコポンは1個 小ミカンは9個1袋の値段です。

レシート1129


妻には黙って買ってきましたが 喜んでくれるか 怒られるか さてどっち。

やっぱり怒られました。ちゃんちゃん





関連記事
21:35  |  鹿児島の食材  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.11.28 (Mon)

無礼講そば食い

鹿児島県伊佐市菱刈町下手では11月28日 下手水天神社祭が行われます。参道には出店が並びこの日はにぎわいます。

私が小学生のころ(昭和50年前後)は小学校も午前で終わり このお祭りに行きました。
記憶では農具(カマやクワ),苗木(柿の木や梅の木),正月の飾り物,おもちゃ,駄菓子等々でした。

現在ではこのために学校が昼から休みということはなく,出店もあまり多くなく昔のにぎわいはありません。
過疎化,高齢化が進めばさらにこの傾向は強くなるでしょう。

さて,この日は下手錫杖踊(菱刈町の錫杖踊)が行われます。
なお,この下手錫杖踊は昭和37年に鹿児島県の無形民俗文化財に指定されています


ところでこの下手では水天祭の日は各家庭でソバ打ちが行われます。というのも この夜に「無礼講そば食い」が行われるからです。親戚や友達,知人,同僚が来訪し,ソバが振る舞われます。無礼講というだけあって,実際誰が食べに来たのか,名前も知らない人が来ることもあるそうです。
昭和30年代までは無礼講そば食いは4月18日にも行われていたようですが今では11月28日だけです。


下手の家庭ではこの日のために畑でそばを栽培していますが,農産物直売所「まごころ市場」でもこのそば粉が販売されています。

ちなみに「まごころ市場」の開店曜日と時間は毎週 月・水・金曜日の 午前7時から12時30分頃まです。
旧国鉄山野線上にあり,菱刈の街を通り大口に抜ける途中にあります。(伊佐市菱刈町下手3049付近です)

今年は今日28日が月曜日のために菱刈まで行くことができませんでした。そこで自宅でそば粉をこねて
そば2

そば1
そばを食べました。だしはサバでした。伊佐の方では鶏だしです。
そば3

このような食文化も少なくなってきたような気がします。今一度 郷土食,伝統食,行事食を見つめてみましょう。


関連記事
22:40  |   |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.11.27 (Sun)

桜島種なし小みかん

11月26日 鹿児島市中央卸売市場で

石谷小学校の6年の子供たちの栽培したダイコンの競りあと

鹿児島青果株式会社の社長に桜島種なし小みかんを紹介していただきました。

柿やブドウやかんきつ類は“たね”がない品とあるある品に比べて 種なしは 価格が高くなるそうです。とりわけ女性にはたねなしの方が人気があるそうです。12月になると桜島小みかんの収穫が始まり,かわいくて甘い桜島小みかんが出回ります。しかし欠点と言えばやはり種があることです。

そこで登場したのが桜島種なし小みかん。
桜島種なし小みかん1

交配により育成され,本年度は17名の農家の方が約100本を栽培されているそうです。
桜島小みかんよりも色つきが2週間ほど早く収穫も早いのが特徴のようですが,

まだ,数量的にも少なく県内の限定された店舗でしか販売されないそうです。

桜島種なし小みかん2
今後,甘み,消費者の動向,出荷の方法,価格設定などを検討している段階のようです。

いずれにしても そのうちに 種のない 小みかんを食べる機会が巡ってくるでしょう。

その時に 桜島小みかんと 桜島種なし小みかんを 自分の舌で食べ比べてみます。





関連記事
21:06  |  鹿児島の食材  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.11.27 (Sun)

畜産フェア 

11月26日 ドルフィンポートで行われている
食欲の秋! 元気もりもり畜産フェアに行きました。

ゆるキャラ君のツーショット撮影しました。
畜産フェア3

畜産フェア1

畜産フェア2

とりあえず写真をご覧下さい。27日までです。

今日も多くの出会いがありました。
ありがとうございました。

関連記事
00:59  |  催し  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.11.26 (Sat)

ファーマーズマーケット2011

ドルフィンポート前広場で

農業法人ファーマーズマーケット2011が開催されました。
ファーマーズ2

会場に出向き,まずは実行委員長である鹿児島市在住の井手口正昭さんにお聞きしました。
マーケット2011実行委員長

「みんなで集まって販売のイベントをやりたいとファーマーズマーケットの計画は以前からありましたが,話だけでなかなか前進せずに実現しませんでした。今年の2月から私も理事となり,話し合いを重ね,ついにファーマーズマーケットが現実味をおびてきました。
準備までほとんど時間もなく,さらにイベントについての知識もありませんでした。実施する上での自治体・消防・保健所など関係機関への手続きも初めてのことでいろいろと大変でした。しかし専門とする企画会社の助言等や実行委員会での話し合いでどうにか実施することができました。
マスコミ関係への依頼や各出展者を中心にポスター掲示などにより広告も出すことができました。
今回はまずは法人の紹介と販売が中心となりますが,次年度以降も継続し,遊びや学びのコーナーも充実させたいですね。」
ファーマーズ3

次にお聞きしたのは農業法人を管轄される鹿児島県農業会議の事務局長佐野岩男さんです。
「これまで鹿児島県の各法人はそれぞれの地域の産業祭・農業祭のイベントでの参加はある<ものに全体でまとまってイベントというのはありませんでしたが,話し合いを重ねついに今年第一回目のイベントを実施することができました。
鹿児島の農業法人協会の加盟数は103社で,これは日本一の加盟数を誇ります。鹿児島の協会会員が素晴らしいと思うのはお互いのコミュニケーションですね。会議を行うときも活発です。農作物の商品パッケージデザインのお互いの批評や助言,売り方のノウハウの伝授などが積極的に情報交換の場となります。また,栽培だけでなく,加工品も手掛けているところが多いのも特徴だと思います」

会場内を回ってみると農産物だけでなく芋餅やあくまき,ガネ,甘酒なも見受けました。中には

ファーマーズ4

実行委員でもあるファームランド豊の松下寛和さんは農業法人と法人でない農家の比較を「法人化していない場合は生産だけが中心になっている。法人の場合は生産することと売ることを考えており,消費者と生産者として視点をもっている」と話されました。

テント内のステージでは鹿児島純心高校の書道部によるパフォーマンスがあり「農業 元気」と立派な作品も見ることができました。

例年この時期は風強まり 寒い時期にはいるところですが 今回天気にも恵まれ来場者も多いようでした。夕方以降のTVニュースでも26日の様子が放送されてますので きっと27日はさらに賑やかになるでしょう。





関連記事
23:57  |  催し  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.11.26 (Sat)

小学生が育てた大根 in 中央卸売市場

11月26日 鹿児島市中央卸売市場 鹿児島青果に石谷小学校6年生と保護者、担任の先生が集まりました。
石谷小学校1

鹿児島市立石谷小学校では,野菜や作物の栽培をおこなっているそうです。
1,2年生はサツマイモ,5年生はソバの栽培。6年生は1学期にトウモロコシ,2学期にダイコンを中心に栽培しています。

この日のは6年生が栽培した青首大根と赤大根のセリです。
時刻は7時。鹿児島青果の産地開発部の栗田部長のベルの音を合図にセリのスタートです。
石谷小学校2
買い手の方から声が上がるたびにみんなから拍手 するとさらにセリ値が上がっていきました。
自分たちが育てた大根が落札されるその場にいた児童はとても満足な笑顔でした。

さっそく ひろと君・ゆうた君・ゆうたろう君・とうや君・けい君にインタビューしてみました。
いつまいたの?
みんなでで9月の上旬に種まきしました。」
放課後まいたの?
総合的学習の時間です
どんな作業をしたの?順番に教えてね。
肥料をまいて クワで耕うんして うねを作って マルチを張って 穴を開けました。それから種まきしました。芽がでて何日かしたら間引きをしました
虫はつかなかった?
虫がいたけど 見つけたら手やピンセットで捕まえました。それから木酢液みたいなのをまきました
木酢液ってどんなの?
木を燃やしたりしたときに出てくる木の汁を集めたものです
間引きをした大根はどうしたの?
サラダにして食べました
いつ収穫したの?
昨日 収穫しました
大根を作った感想を教えてください。
たのしかったです。他の学校では味わえないことだと思います。」

担任の先生にお話を聞きました。
昨年はAコープやタイヨーで販売会を行いましたが今年は農家の方が出荷した野菜がどのようにしてお店に並び消費者に届くのかを実感するために卸売市場に出荷しました。とのことです。

小学校の大根のセリは終わりましたが まだ多くの野菜のセリの声が聞こえてきます。
鹿児島青果の東さんの楽しい説明に聞き入っていました。

この大根に花を添えようと加世田常潤高校生が栽培した白ネギ,馬鈴薯,人参,キャベツもわずかではありますが並んでいました。

つぎはバナナコーナーへ
市場に届いた時はまだ青いというか緑の状態。これを低温倉庫の中に入れて,エチレンガスを噴射。数日すると成熟がおこり,店頭に並ぶ黄色のバナナに変化します。
石谷小学校3
写真 奥の方が緑のバナナ 手前にくるに従って だんだん 黄色に変わるのが分かると思います。


ゆうき君に話を聞きました。
バナナどうだった?
緑いろのバナナを食べたけど 最初青臭く ねちょねちょした感じで キュウリのような硬さでした。黄色のバナナは柔らかくておいしかったです
どうしたら黄色になるの?
ガスを使って黄色くするそうです。低温でも14℃以下になるとバナナが黒くなるって説明してもらいました

会議室に移動して大山社長より 市場の役割や安心な農産物の生産についての説明もありました。

最後に社員の方々からみんなに新聞紙の包みをプレゼント。
石谷小学校4
石谷小学校5
美味しさで有名な安納芋の焼き芋です。子供たちもそして保護者のお顔もホクホク顔。

鹿児島青果株式会社では,今回の企画以外にも年に2回ほどの親子市場見学会や桜島大根を通しての食育活動を実施されているそうです。


さて,朝早く卸売市場に見学に来た石谷小学校の6年生の皆さんは,肥料まきから収穫まで自分たちで育てた大根を通して,食べ物の流れやそこにかかわる方々の役割,栽培することの喜び,食べることの喜びなど多くのことを感じたことでしょう。
頑張れ 石谷小学校6年生!!
石谷小学校6

関連記事
21:25  |  農業  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.11.26 (Sat)

畜産フェア&ファーマーズマーケット2011 

24時過ぎました。 本日26日と27日 またまた見逃せないイベントあります。

いずれも農業関係ですが・・・・・

ぜひぜひ 行ってみましょう。天気もいいみたいですし。


まずはドルフィンポートで行われる
元気もりもり畜産フェア
畜産フェア
牛肉 豚肉 鶏肉 卵 牛乳 加工品 など 試食もありますよ。
試食した方は当然購入ですよね・・・・ 今話題の 黒さつま鶏もあるようです。
合わせて かごしまブランド推進本部によるさつまいも ピーマンの販売もあるそうです。

私のこのブログで書いたサンエッグの卵の販売も。サンエッグの記事は→畜産王国 鹿児島県(鶏)です。

続きまして
ファーマーズマーケット2011
こちらはドルフィンポート前 ウォーターフロントパークです。
食べる・買う・観る・遊ぶのエリアがあるようです。
11月23日の南日本新聞の“かお”の欄に実行委員長の掲載がありました。
ファーマーズマーケット

出品業者(予定)は次の通りですよ。
ファーマーズマーケット2

イベントの紹介もありますが やはり 鹿児島県の農業を盛り上げるためのイベントうれしくなります。 

参加された方 関係者の方 コメントを残していただければ さらにうれしいです。

関連記事
01:20  |  催し  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2011.11.26 (Sat)

ISA 4to8(伊佐収穫祭in有楽町)

これまで鹿児島県立伊佐農林高校の生徒さん達による売り込みについて

11月6日伊佐「農」祭り

そのことが掲載された新聞記事
伊佐農祭り「地域応援団」&やねだん「風車発電」

を紹介しましたが

今回 東京での販売会の様子が11月25日の南日本新聞に 記事がありました。
ご覧ください。

ISA 4to8
今後の活躍に目が離せませんね。
関連記事
00:07  |  未分類  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。