01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.29 (Wed)

~被災地の今~報告会(案内)

知り合いのTさんから紹介いただきました。

時間のある方は参加しませんか?

チラシ

め組JAPAN鹿児島チーム 鹿児島から宮城県石巻を中心に支援中。
そして
3月3日(土)18:30~シーサイドガーデンさのさ(いちき串木野市)
3月4日(日)13:00~かごしま県民交流センター(鹿児島市)
にて報告会があります。

お問い合わせはめ組JAPAN鹿児島チーム 平岡さん(090-8836-5074)まで
  
スポンサーサイト
関連記事
21:38  |  催し  |  コメント:(0)

2012.02.29 (Wed)

2月のテーマは?

今月のテーマを決めるとしたら「つくる(作る・造る・創る)」になるような気がします。

農林水産物・加工食品・食品・お菓子・料理・工芸品・ドレス・シャツ・キャラクター・写真・フラワーアレンジメント・学習プログラム・ラジオやテレビ番組 どれも「つくる」ですね。

今月はこのようなものを食する・観賞する機会が多くありました。

S-1グルメグランプリでの鹿児島県内各地の予選を勝ち抜いてきた料理
かごしまブランドやかごしまの農林水産物認証制度(K-GAP)の農産物や鹿児島の伝統野菜の桜島大根
イタリアで研修して現在に活かしているオーナシェフの作るパスタやラザーニャ
県産食材を使った味噌汁
県産のトマトを使ったジュースや料理
さつまいもを使ったガネやさつまいもデンプンから出来た冷麺
豆にこだわった県内のお菓子屋さんの商品
水産高校水揚げのマグロの刺身や加工品
そして私の家での食事やきんかん漬けなども紹介しました。

かごしまデザインフェア2012デザイン百覧会では,いろんなアイデアが形になっていく過程を見て,それぞれ人の想いが詰まっていることを実感しました。

鹿児島市にあるWhite Galleryでは芸術家の方々の作品を月に2回ペースで展示されています。初日前後には作者を招いてのオープニングパーティも開催され,作品のコンセプトや想いが聞ける絶好の機会です。

うれしいのは,そんな作品を作った方々,関わった方々と直接話ができたことです。
今月も多くの方々に出会うことができました。ありがとうございました。



関連記事
21:17  |  番外編  |  コメント:(0)

2012.02.29 (Wed)

2月の記事一覧

タイトルを若干変えていますが今月はこんな記事でした。タイトルの後ろの【クリック】を押すとそのページに飛びます。

2/1 薩摩剣士隼人シリーズ第4弾プリモゼ三色パン新発売【クリック】 
     2月1日の店頭での鹿児島県産野菜【クリック】
2/2 海外産材料の弁当と県産材料の弁当【クリック】
2/3 我が家にも福きたれ!! 大阪屋製菓と照國神社の福豆【クリック】
2/4 メロン農家のミニトマト【クリック】
2/5 桜島八景【クリック】
2/5 桜島大根 見聞記【クリック】

2/6 ゆったりとした気分で White Gallery【クリック】 
2/7 お弁当トランプ【クリック】
2/8 環境学習プログラムのデザイン【クリック】
2/9 きんかん漬けを作ります。【クリック】
2/10 塩こうじで簡単クッキング【クリック】
     県産農産物で100人分の味噌汁【クリック】

2/11 かごしまの農産物を食する(がねとさつま揚げ)【クリック】
     フラワーデザインかごしまカップ2012作品【クリック】
     街でみつけた西郷さん いろいろ【クリック】
2/12 生産から加工・販売まで六次産業【クリック】
2/13 ブロッコリーとカリフラワーの特徴をもつロマネスコ【クリック】
2/14 鹿児島水産高校生が獲ったマグロ【クリック】
2/15 かごしま環境未来館講座「環境カレッジ」専門コース修了【クリック】

2/16 さつまいもでんぷんから出来た「かごしま冷麺」【クリック】
2/17 2月17日の店頭での鹿児島県産野菜【クリック】
2/18 鹿児島水産高校の加工品(カツオ味噌など 4品紹介)【クリック】
     イタリア料理店 gioia-じょいあ-【クリック】
2/19 写真で紹介 S-1グルメグランプリ見聞記【クリック】
2/20 竹の恐怖!? 竹が覆い尽くす恐怖【クリック】

2/21 トマトの料理講習会【クリック】
2/22 竹の話 竹材&タケノコの生産量 竹の鬼おろし【クリック】
2/23 がね(さつま芋の天ぷら) サツマイモ料理講習【クリック】
2/24 かごしまブランド かごしま黒豚と志布志のピーマン【クリック】
2/25 かごしまの農林水産物認証制度(K-GAP)ピーマン【クリック】

2/26 うちごはん 最近の夕食 3品【クリック】
2/27 かごしまデザインフェア2012デザイン百覧会報告その1【クリック】
2/28 屋久島産たんかん【クリック】
     かごしまデザインフェア2012デザイン百覧会報告その2【クリック】
関連記事
21:00  |  番外編  |  コメント:(0)

2012.02.28 (Tue)

かごしまデザインフェア2012 その2

昨日に引き続き かごしまデザインフェア2012 デザイン百覧会 その2です。

鹿児島工業技術センターでの展示で見入ったのが川辺仏壇です。「だから何?川辺仏壇って普通にありますよ」って会話になりそうですね。

中国等からの輸入品増加に加え,消費自体も少ないようです。そこで,作られたのが従来の1/3サイズのお仏壇。小さくなれば簡単な作りになるのが一般的ですが,川辺仏壇の製造技術をそのまま使って作られました。
当日お会いした工業技術センターのE主任研究員から説明を頂き,さらに感動したのが,「生産履歴」です。生産履歴は国産牛肉や昨年度から始まった米などで聞いたことがありますが,お仏壇にも(これは法的なものではありませんが)。お仏壇を作る上で7つ工程の職人さんが関わりますが,いつ誰がどのような作業を行ったか記されています。たしかに家庭・生活環境の変化でお仏壇等の購入も少なくなってきているとは思いますが,全国でも有名な川辺仏壇です。この小型仏壇にも期待が深まります。
デザイン博1
自治体の中では初参加という伊佐市,こちらでは伊佐米の紹介。南九州地域で祀られるたのかんさー(田の神様)像も,たのかんさーがみつめる先には稲穂と一体に広がる田園風景,そして収穫された伊佐米
その昔,大きな湖でしたが加久藤火砕流の一部が浸食(曽木の滝)され排水してできた大口盆地および菱刈平野でできた米が伊佐米です。
今回の展示のコンセプトは「だれやめの郷」伊佐市の施策・資源を“まちをデザインする”といった視点で表現されているようです。私の家にも伊佐米あるのですが,同ブースからも伊佐米少々頂きました。ありがとうございました。右下はメノモッと呼ばれる正月飾りです。正月に書いた記事を見ればその意味がわかりますよ。⇒【メノモッ(伊佐市菱刈)】【メノモッ(伊佐市大口)】(クリックしてください メノモッのページが開きます。)


フラワースペースM-24さんはこちら
デザインフェア9
フラワーアレンジメントのスクール生の方がブーケを制作し、並べてあります。
全体写真はありませんがまとまってさらに大きな作品となっており,何という色かわかりませんが,白と薄緑色を基調とした作品は,貴賓さを感じます。縦に長い作品はキャスケードブーケ「上から下へ滝のように流れる」という意味だそうです。鹿児島純心女子短生のファッションショーでもこちらのブーケを持って歩かれたそうです。
鹿児島市の荒田交番と荒田八幡の通りにあるスクール&ショップもシンプルでありながら上品さを感じる建物です。


デザイン博5
鹿児島純心女子短期大学生活学科 生活クリエイティブコースの作品は「同コースの卒業制作展2012」を兼ねての展示です。ファッション,陶芸,七宝・金属,染色を学んだ学生さんらしくすばらしい作品に仕上がっています。


デザイン博4
キャロッタ星からやってきたのは「まゆうさ」眉毛のあるウサギです。「まゆうさファミリー」富田さんが描いていたイラストがついにキャラクターとしてデビューしました。会場には私の出身高の先輩でもある榎木孝明さんもお見えになったようです。
まゆうさ&しっぽのお菓子
そして おかしも しっぽのおかし  何のしっぽ? もちろん うさぎのしっぽ うさぎのしっぽって?
そうです。まあるい形ですよね。 作ったのは垂水のケーキ工房Familleの下園さんでした。


セイカ食品と言えば,大石兵六夢物語にちなんだ「兵六餅」や氷白熊の「南国白くま」ですがなんと言っても「ボンタンアメ」ですね。このパッケージ実はいくつかの変化があっのですね。ボンタンアメ・南国白くま等のCMも楽しい物ばかりですが,私の記憶にあるのは,TV天気予報イメージの「鹿児島地方は時々ボンタン雨が降るでしょう」ですね。現在,新青森-鹿児島中央間が新幹線でつながった一周年を記念したセットも販売されていますね。リンゴアメやボンタンアメ,さくら飴,サクラ飴,兵六餅のセットで。
ちなみに「大石兵六夢物語」とは江戸時代に吉野で人々にいたずらを繰り返していた白狐一族を大石兵六という武士が退治したという話ですが,現在になり、その狐の末裔が吉野狐コンコンです。・・・・あ,これは,薩摩剣士隼人の話でした。
デザイン博9


友人のKさんに是非行ってみてと誘われたのとマユウサの富田さんお会いするのが目的で行きましたが,とてもすばらしい展示に感動しました。そしていろんな方々とお話しができました。会場で会ったI崎さん,E原さん,M木さんもありがとうございました。

かごしまデザインフェア2012デザイン百覧会を通して,デザインの持つ大きな力を感じました。県内にある様々な特産品や商品,さらにこだわってついついデザインやパッケージのよさ,見た目で買いましたっていう物が溢れたらいいですね。そして,鹿児島から全国に,アジアに,世界に広がっていたらうれしいです。
関連記事

tag : 薩摩剣士隼人 伊佐市 伊佐米 デザイン百覧会 メノモッ

21:11  |  催し  |  コメント:(0)

2012.02.28 (Tue)

たんかん

剣を心に歩む道・・・・・そう薩摩剣士隼人にも登場したカジュカンサー
ビワ コミカン ボンタン ポンカン 甘夏 デコポン タンカン サワーポメロ 温州みかん キンカンの鹿児島県を代表するの10種類の果樹が合体したのが「カジュカンサー」です。

今日,紹介するのはそのうちの一つ「たんかん」です。

屋久島の知り合いのOさんから頂きました。ありがとうございす。
たんかん1

たんかんは かごしまブランド産地の指定になっているのが屋久島町と南さつま(枕崎市,南さつま市,南九州市)です。

たんかん2


たんかん3

以前,鹿児島のみかん かんきつとして紹介しましたが再度鹿児島県の栽培面積のデータをご覧ください。
鹿児島のみかん
鹿児島県内で栽培されているのはかんきつ類のうち,「たんかん」は,約2割も作られていることには驚きました。
関連記事

tag : たんかん かごしまブランド 屋久島 南さつま 薩摩剣士隼人

01:11  |  鹿児島の食材  |  コメント:(0)

2012.02.27 (Mon)

かごしまデザインフェア2012 その1

すっかり春めいてきました。梅の花も満開になっていますね。
梅の花の形にも自然が織りなすデザインとしてとてもひかれます。

かごしま県民交流センターで行われた かごしまデザインフェア2012「デザイン百覧会」に行きました。
いつもそうですが,情熱が込められたものを見るとその想いが伝わってくるような気がします。

デザイン博8
平面的な写真では上の写真は,特に大したものではないと思います。プレゼントの包装がCGで描かれていますがその色の変化には美しさを感じます。
ところが3Dで見ることができれば驚きます。七つのキューブが立体的に組み合わさっています。それにプロジェクターでCGを照射しているのです。平面のスクリーン等に映像を写すと違和感無く見ることができるのは当然です。
しかし,この立体的なものに映像を写すと手前側と奥の方ではピントが合わなくなります。それをコンピュータで奥行きを計算して作られた映像なのです。「IDEA CUBE」白いキューブの舞台セットだそうです。MBCサンステージさんの作品です。
もし,この映像を平面の物に写したらピントがぼけたものになると思います。・・・(うまく伝えられなーいです。)

ゲストハウス月の港は一日一組限定の屋久島のお宿です。屋久島の特産品タンカンが並んでしました。
White Gallery(以前紹介しましたブログはこちらです⇒【ゆったりとした気分で White Gallery)】
デザイン博7
案内パンフによると会場には67のブースがあります。


高山町にある「高山CHOYAソーイング株式会社」以前からずっと気になっていた会社です。
なぜ?って,そのロゴマークが気に入っていました。そのデザイン蝶なんです。私のお気に入りのデザインなんです。この日に出品されていたカッターシャツ買っちゃいました。袖口にも刺繍されています、もちろん蝶の。新しい商品も・・襟から合わせのボタンの後ろに大島紬!!4月の中旬ごろから鹿児島市内の百貨店で販売が始まるようです。こちらでは,気さくな社長とお話しもできました。ありがとうございました。
デザイン博6
水面に浮かんでるのは繭です。もちろん生糸の原料ですね。なんやら不思議な機械は,繭から糸をとる道具です。いぶすき紬染織工芸さんの作品が並んでいます。以前指宿の特集TV番組でもこちらのご夫婦と作品を作られる様子をみたことがあります。


「鹿児島県立市来農芸高校」の作品は,今が旬のサワーポメロをかわいくラッピング。そしてフラワーアレンジメント風に飾ってあります。こんな感じのラッピングも楽しいですね。市来農芸高校は鹿児島中央駅から約30分のところにあります。
デザイン博2
「saku」は鹿児島市立美術館の近く,メルヘン館の斜め前に位置する花屋さんです。会場にはBONSAIが飾れてます。そんな中,気に入ったのがこれです。都市の建物空間をバックに観葉植物が・・ 近代風箱庭とでもいいましょうか。


日本広告写真家協会会員の三井イツオ氏の作品とカメラの展示。ラディッシュをファインダー越しに見るとどんな感じで写るのか想像ができます。いや,そんな感じで写るのかなあって思います。私もいつもこんな感じでのぞいているのですが,なかなか思った写真は撮れません。展示作品の話を聴くと専用のレンズや10000Wのストロボ光源も使うとのことでした。私の口から出るのはため息だけです。すごすぎて,きれいすぎて。
デザイン博3
この建物。もちろん作りものです。KBCC鹿児島情報ビジネス専門学校の学生さんの作品です。こうしてデザイナーがうまれるかもですね。

とりあえず今日はここまで。後日,続きを紹介します。「まゆうさ」&しっぽのお菓子,伊佐米,鹿児島純心女子短大等の内容でお届けしたいと思います。

関連記事
23:34  |  催し  |  コメント:(0)

2012.02.26 (Sun)

うちごはん

この一週間のうちご飯のいくつかを紹介します。

この日,パートナーの帰宅が遅いとのことで何作ろうかと
台所を見ると1個のままのキャベツ(鹿児島県産)が・・・・
冷蔵庫には鹿児島黒豚の薄切りと鹿児島産えのきだけがありました。

早速,キャベツの葉をなるべく破れないように5枚はずします。
キャベツの葉,豚肉,えのきだけ,キャベツの葉,豚肉,えのきだけ,キャベツの葉,・・・
と重ねます。

同時に鍋でお湯を沸かし,このキャベツをそのまま鍋に入れて煮こみます。
キャベツはしんなりなったころに,水気をとりながらお皿へひっくり返します。
キャベツ料理2/22
包丁で切り分けて出来上がり。

味は付いていませんので
ポン酢とかドレッシングで食べます。
今回,使ったのはへつか橙の白いポン酢


翌々日も同じような状況でした。
時間もあまりなく,肉と野菜炒めです。手軽なのでこのパターンが多いですが・・・・
野菜炒め2/25
この日は鹿児島ブランドであり,K-GAPの認証を受けている志布志のピーマンも使いました。
タマネギは北海道産です。
まぐろは鹿児島と静岡で水揚げされたものです(2か所の港の水揚げのものが混ざっています)
山芋は青森県産でした。
みそ汁の具には桜島大根も入っています。


そして,今夜は,JAいぶすき 頴娃のニンジンがいっぱいありましたのでメインはカレーでした。
ジャガイモも鹿児島県産,肉は鹿児島県産の豚肉,玉ねぎは先日もそうでしたが北海道産です。 
安納芋&潮菜2/26
そして野菜サラダ。
ニンジン・もやし・ホウレンソウ・アイスプラント・上部の紫は種子島産の安納紫芋をふかしたものです。
野菜サラダの材料はすべて鹿児島県産でした。


地元で生産せれたものを地元で消費する。これは食材の生産の時期も大きく左右し,他県産や海外産のものを使うこともありますが,意識しながら食材を選びたいと思います。


3月2日には鹿児島の極上の農産物フルコースを堪能する会に参加します。どんな食材がどんな料理になるのかとても楽しみにです。あわせて,楽しい方々にお会いできるのも楽しみです。



関連記事
21:31  |  料理・調理  |  コメント:(0)

2012.02.25 (Sat)

K-GAP ピーマン

昨日紹介しましたかごしまブランドマークがついている志布志のピーマン

このピーマンには かごしまの農林水産物認証制度(K-GAP)のマークも付いていました。
 
K-GAPピーマン

このピーマンの袋にはK-GAPの認証番号118076 この番号を調べてみると・・・・・
ピーマン118076
県のホームページには生産者(団体)の写真もでています。説明には志布志ピーマンと書いてありました。


この日 店頭にはもう一つピーマンがありました。今回は購入しませんでしたが,それにもちゃんとK-GAPのマークがありました。認証番号は118037です。調べてみると
ピーマン118037
南さつま農協の加世田ピーマン部会の方々が生産されたものということが分かります。

以前紹介しました桜島小ミカンにも
桜島小ミカンK-GAP
ミニトマトにもついています。
k-gap1


説明が後になってしまいましたが,かごしまの農林水産物認証制度とは次のようなものです
生産者の安心・安全な農林水産物を生産する取組を消費者に正確に伝え、鹿児島県産農林水産物に対する消費者の安心と信頼を確保するため、平成16年度に創設された県独自の制度です。認証された農林産物には「認証マーク」を表示できます。(鹿児島県農政部食の安全推進課 食の安心・安全情報メールより抜粋)

農水省の説明として,農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って,農業生産活動の各工程の正確な実施,記録,点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことです。

平成24年2月14日現在,かごしまの農林水産物認証制度で57品目210団体・個人(251件)が認証されています。

関連記事

tag : かごしまの農林水産物認証制度 ピーマン K-GAP

23:46  |  食の安心・安全  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。