06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.07.30 (Tue)

2013.7.30 夕食

今夜は妻が暑気払いです。

というわけで 夕食作り始めました。
 
冷蔵庫開けて食材の確認

もやしとピーマン ベーコン そして実家の卵  とりあえずこれらを炒めて卵とじにしようと思ったのですが

昨日買っていた北海道産鮭の切り出しがあるのを思い出しました。急遽食材の変更。

結局 
もやし(そのままで)
ピーマン(輪の状態になるように輪切り):南さつま市産
キャベツ(細長く千切り):南さつま市産
鮭(切り出しを3cm程度にさらにカット):北海道産
を炒めて 最後に
卵:伊佐市産
でとじました。

サラダは簡単に大玉(南さつま市産)を半分に更に薄切りに
中央に黄色のミニトマト(姶良市産)をおいて
周囲にはスパイラルキュウリ(スパイラルにしてから軽く塩もみ)。
キュウリは南さつま市産

みそ汁は朝の残り。カボチャ(伊佐市産)がたっぷり入っていますがすっかり溶けてしまって・・・

ということで 出来上がりです。

2013.7.30夕食1

卵とじ 野菜いっぱいです。味付けは鮭を炒め始めた最初に酒を少々。野菜を加え スプレイで醤油をシュッシュ 卵に塩・胡椒を少々加え とじました。 

味見を・・・・ うーーん 少しだけ薄味 何も思い付かなかったので ホンの少しだけ 醤油をかけました。 うん。まあまあになりました。

2013.7.30夕食4

キュウリはスパイラルに ちょっとした小道具があります。

2013.7.30夕食3

スパイラルキュウリは 結構長くなります。 バネみたい。

2013.7.30夕食5

ということで 出来上がり

娘と二人で食べました。 うんうん 結構良かったりして。

明日もしかしたら 妻がこのページ見るかもしれませんね。

・・・・「どうにか 夕食にありつきました」
スポンサーサイト
関連記事

tag : 地産地消

23:53  |  料理・調理  |  コメント:(0)

2013.07.30 (Tue)

金峰金ごま その2

2013年7月29日に環境保全型農業研修会で
鹿児島県南さつま市金峰の金峰ごまの栽培状況を見せていただきました。


栽培状況は【金峰きんごま】で書きましたので ごらんください。


さて 種まきしてから約3ヶ月 実は充実中で 110日ころに 最下位についている実が割れそうになった時が収穫適期だそうです。

2013 7 29 金峰ゴマ5

収穫されたゴマは こんな感じの商品になります。

2013 7 29 金峰ゴマ7

お菓子にも入ります。
2013 7 29 金峰ゴマ8

ところでごまの輸入量は約99.9% 国産は極めて希のようです。

そのような状況ですが 鹿児島県の栽培面積は国内の約8割をしめる日本一の産地であり,117.4ha(H20農林水産省生産実績)

さらに 栽培面積1位は鹿児島県 喜界島 そして2位が南さつま市だそうです。
関連記事

tag : ごま

00:15  |  鹿児島の食材  |  コメント:(0)

2013.07.29 (Mon)

金峰金ごま

第16回環境保全型農業研修会が南さつま市で行われました。
第1部は講演会
第2部は南さつま市金峰の金峰ごま生産組合の圃場の現地視察でした。

130人の生産組合員の方々が栽培されています。


花の写真は周辺圃場のものです。

2013 7 29 金峰ゴマ1

淡いピンクの花が綺麗でした。

2013 7 29 金峰ゴマ2

こちらの圃場は花が咲き始めた様子ですが これから 茎がどんどん伸びて実が着いていきます。

2013 7 29 金峰ゴマ3

約170~180cm程で先端を摘みます(摘心)

2013 7 29 金峰ゴマ4

摘心することにより 栄養分が子実へと流れていきます。

この写真の背景は金峰山です。

2013 7 29 金峰ゴマ5

全体(下までは写っていませんが)を写してみました。

そして実が着いているところ(節ごと)に数字をつけてみると 32段ありました。
実際はあと数段着いています。 そして目標としては35段を目指しているそうです。

2013 7 29 金峰ゴマ6

最後の3枚は5月26日に播種し,本日(2013/7/29)現在で約3カ月,おおよそ110日目頃が収穫適期だそうです。一番下の実がはじけそうになるそうです。

関連記事

tag : ごま

22:19  |  鹿児島の食材  |  コメント:(0)

2013.07.28 (Sun)

お茶街道 ゆとり館

南九州市頴娃町にあるゆとり館に行きました。

こちらのお店 地産地消推進店にも登録されています。


さっそくランチバイキングを。


あれ? パノラマモードで撮らないと全体が写りません(>_<)
2013年7月お茶街道ゆとり館1

2013年7月お茶街道ゆとり館2

豊富な料理の中から選んでプレートに乗せていたら こんなになっちゃいました。
これでも全料理を選んだわけではありません。

2013年7月お茶街道ゆとり館3

ここのお店のいいところ。バイキングもですが 南九州市の製茶工場のお茶を選んで飲めるんです。


スタッフの方に声をかけると・・・「どのお茶を希望されます」って感じで

そして 選ぶと  ちゃんとした流儀でお茶を淹れてもらえます。

2013年7月お茶街道ゆとり館4

2013年7月お茶街道ゆとり館5

たぶんスタッフの方は日本茶インストラクターだと思います。

一応私も 茶育指導士 自宅でも美味しい淹れ方を心がけています。


さーて 今日も 茶いっぺ のんもんそ。(さて 今日も お茶一胚 飲みましょう)

関連記事
23:01  |  地産地消  |  コメント:(0)

2013.07.28 (Sun)

平成25年度 案山子まつり(南さつま市加世田益山)

南さつま市では田植えが3月中旬から4月上旬に行われます(一部は普通期米)。いわゆる早期米です。
早速収穫が始まっています。8月上旬頃まで続きます。雀たちが集まってくる時期です。雀と言えばやっぱり「案山子」ですね。

そして南さつま市益山公民館では案山子まつりが始まりました。

その前に24年の案山子まつりの様子は次です。⇒平成24年度案山子まつり(南さつま市加世田益山)

それでは平成25年の案山子まつりの一部を紹介します。

2013益山公民館案山子まつり1

薩摩剣士隼人 薩摩犬つんつん ぐりぶー 案山子も並んでいます。  くまもんも・・・

2013益山公民館案山子まつり2

背景には直前に刈り取られた稲が掛け干しされています。

つんつんも可愛いですね。

2013益山公民館案山子まつり3

ぐりぶー

2013益山公民館案山子まつり4

くまもんも

2013益山公民館案山子まつり5

こんな感じで並んでいます。

2013益山公民館案山子まつり6

最終日は平成25年の7月30日までだそうです。

関連記事

tag : 案山子 薩摩剣士隼人 ぐりぶー

14:26  |  農業  |  コメント:(0)

2013.07.28 (Sun)

野菜菓工房 楓fu-

南九州市頴娃町にある「野菜菓工房 楓fu-」

以前も近くを通りかかったのですが 残念ながらお伺いできませんでしたので

いつかはと思っていました。


有機農業をされている山脇農園の娘さんが経営されています。

フェイスブックにも
https://www.facebook.com/tiisanaoyatunomise?ref=tn_tnmn

ホームページも【山脇農園】あります。


この日に購入した菓子類は次のとおりです。

野菜菓工房 楓fu- 1

左から
「野菜のブレッド」九州産小麦粉 南九州市産卵 山脇農園産タマネギが主原料
「fu-のニンジンクッキー」山脇農園のニンジンも原料
「fu-のえごまクッキー」
「米粉のビスコッティ」山脇農園の米粉が入っています。

野菜菓工房 楓fu- 2


山脇農園も案内していただきました。

野菜菓工房 楓fu- 3

夏場は主に青果用サツマイモを栽培されています。もちろん有機農業で。

ロケーションもいいですね。

南東には薩摩富士の開聞岳が・・・・ この日は山頂が雲で隠れていました。

野菜菓工房 楓fu- 4

北東には 大野岳が見えます。
野菜菓工房 楓fu- 5

いずれの写真も サツマイモ畑からの撮影です。

短時間でしたが 山脇ファミリーにはお世話になりました。ありがとうございます。

関連記事

tag : 有機農業 山脇農園 野菜菓工房楓fu-

13:26  |   |  コメント:(0)

2013.07.27 (Sat)

初種子島 2

2013年7月7日種子島1

天女ヶ倉(あまめがくら)に行きました。青い空 青い海が見えるこの場所すばらしいでした。

2013年7月7日種子島2

午後からは能野(きよの)海水浴場へ 

2013年7月7日種子島3

同行の方々は楽しそうの海の中に 

2013年7月7日種子島5

ユーカリは 海の家で リゾート気分
Tさんにおごってもらったかき氷美味しかったです。

2013年7月7日種子島6


そして 夕方の高速船で 鹿児島市へ

2013年7月7日種子島4


2日間の種子島でしたが,楽しい時間を過ごせました。
関連記事
21:41  |  観光  |  コメント:(0)

2013.07.25 (Thu)

初 種子島

2013年7月6日 トッピーに乗って 種子島へ

生まれて50年 一度も行ったことがなかったのですが ついに。

同行したあゆちゃんの ご両親に 知り合いが集まっている甘藷日本栽培初地の碑がある場所まで送っていただきました。

すぐに好きになりました。

種子島 甘藷の碑2

1698年の話なんですね。

種子島 甘藷の碑

すっかり 夏に突入の種子島。
空も海も青い。
波と雲は白い。

すぐに好きになりました。

種子島 甘藷の碑3


写真は甘藷日本栽培初地の碑のすぐ近くの道路からの撮影です。

関連記事
22:27  |  観光  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。