07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.12.24 (Sat)

川薩地区のハウスきんかん(かごしまブランド)

きんかん1

とてもきれいな“色とツヤ”ですね。

20個ほど袋に入ったきんかんです。

鹿児島県では薩摩川内市の川薩地区のハウスきんかん
南さつま市,南九州市,枕崎市の南さつまのハウスきんかんがかごしまブランドの指定を受けています。

今日買ってきたきんかんは薩摩川内市のいりきのものです。
写真を撮ろうと袋から出し,お皿に盛ってる最中にも関わらず食べてしまいました。

きんかん2

パッケージの裏には
【ハウスの中で大切に育てました。果皮がやわらかく甘味と芳香が特徴です。生食でどうぞ・・・】
と記載されていました。

本当に生食でもおいしいいです。

きんかん3

鹿児島県のホームページには
【川薩地区のハウスきんかん出荷時期は12月から2月
特性として,皮ごと食べられるので,含まれる機能性成分を丸ごと摂取することができます。糖度が高くビタミンCたっぷりで,風邪の予防に効果的です。また,皮にガンの抑制効果があるとされるオーラプテンが含まれています。生食はもちろん,砂糖漬けやマーマレードにしても絶品です。
他の柑橘類とは違い,果皮が甘く,そのまま丸ごと食べられるのが特徴です。ハウス栽培を中心に大玉果で甘いきんかんの生産に努めています。】とあります。

12月2日に鹿児島中央青果市場に見学に行った際にもきんかんのことを教えていただきましたのでそちらもご覧ください。→
ポンカン・キンカン・デコポン(青果市場 訪問記12/2 その2)


また,先日友達のSさんがきんかん漬けの写真をネット上で見ました。
生食がおススメですがやはりきんかん漬けもいいですね。

関連記事
23:32  |  鹿児島の食材  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://kagoshimafood.blog.fc2.com/tb.php/111-e8f35b9d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。