04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.01.11 (Wed)

お茶の花

何の花でしょう。とお聞きしながらタイトルにしっかりと「お茶の花」って書いてました。

茶の花1

じゃあ 改めて 何の花に似ているでしょう。

そうですね。いろいろ有ると思いますが,ツバキ,サザンカ,サカキと言ったところでしょうか。
実はお茶はチャノキという植物で先に述べたツバキなどと同じ仲間の植物です。

ですから色や大きさの違いはありますが同じような花を咲かせます。
とはいってもなかなかチャノキの花を見ることはありません。
今年度の秋はかなりの高温でした。こんな時には花を咲かせることが多いそうです。
茶の花2

ところで
鹿児島県は全国で2位の荒茶の生産量を誇ります。
荒茶とは簡単に言えば 茶工場で加工されるお茶のことで,一般的に飲むお茶の葉の前段階のものです。

販売業者が荒茶に火を通し,選別し,仕上げていきます(仕上げ茶)
通常販売されているのはこのお茶になります。

正月に茶の産地である南九州市知覧町,枕崎市の写真です。撮影したのは1月1日です。

茶の花3
上2枚の写真は枕崎ですが遠くに見えるのは海です。
左下は知覧町の集落から明石鉱山を見た写真ですが茶畑も広がっています。
右下はお茶の幼木で2,3年生程のものです。これが年々大きくなっていっちょまえの茶になります。


現在,茶園は綺麗に刈り込みがされており,春の訪れとともに芽吹きそして綺麗な新緑のお茶の葉となります。
昨夜の焼き鳥にもしっかりと緑茶でした。

そうそう「薩摩剣士隼人」1月15日,22日の放送は,お茶の産地である南九州市が舞台ですよ。



関連記事
00:34  |  鹿児島の食材  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。