03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.02 (Thu)

かごしま活き生き食の日

食の安心・安全情報メール(VOL.11)頂きました。

その中から 一つだけ紹介します。

かごしま活き生き食の日とは
地産地消を基本とし健康で豊かな食生活の実現を目指し,自らの健康や食生活について見つめ,家族や地域において,県産農林水産物や食文化を活かした食育・地産地消に取り組んでいただく日ということで

毎月第3土曜日をかごしま活き生き食の日に設定しています。

「かごしま活き生き食の日」の取組事例として

県庁農政部職員による“お弁当の日”
 自らの健康や食生活について見つめ直し,家庭や地域において県産農林水産物や食文化等を生かした食育・地産地消の取組を促進するため,平成21年7月15日(水)“お弁当の日”を開催しました。

野菜ソムリエによる料理教室
 蒲生町の物産館「くすくす館」においては,毎月店員の野菜ソムリエ(2名)による料理教室を開催しています。レシピには,食材の特徴,食べ方などを紹介し,旬の地域食材の活用を促しています。

「食育推進キャンペーン」の開催
 食育月間である6月の第3土曜日「かごしま活き生き食の日」(6月19日食育の日)に,「食育推進キャンペーン」を開催し,当日,県産農林水産物を使ったお弁当を募集し,現物を展示。かごしま版食事バランスガイドを使った食事チェックや,お米クイズ,米粉パン・おむすびの試食,お茶の講座など行い,食育・地産地消について理解を深めていただきました。

ということです。

先日,かごしまの“食”活動交流会で発表されたくすくす館の野菜ソムリエさんも活躍していますね。

そして,よく見たら この紹介ページ→(かごしま活き生き食の日とは)には,自分の姿が・・・ なんか「ぼてっ」ってしてるー。

関連記事
06:45  |  食育  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。