06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.20 (Tue)

そまんねいぼ

紅はるか
これから 紅はるかを使って団子を作ります。餅とそばも使います。
そまんねいぼ
母の母が良く作っていたそうです。母の母が死去し,もう25年程。
今年の冬,帰省中に母が作ったのが「そまんねいぼ」。
「そまんだご」とも言うようです。


母が言うには
「むかしゃ,ばあちゃんが よかふい つくいごいやった。 かあちゃんも さひかぶい つくってみったた。かとなったときゃ いろいであぶいごった」
翻訳します。「昔は,祖母が よく(・・良い感じに・・とも訳せます)作っていた。 かあちゃんも 久しぶりに作ってみた。固くなったら囲炉裏で炙っていた」となります。


そして,母からレシピを聞きながら私も作ってました。実は料理教室で「そまんねいぼ」を教えることになり試作です。

分量を聞いても「適当よ」って言ってます。祖母のつくる過程を見ながら・手伝いながら,適量を覚えたんだと思います。
私が作る分量は 餅150g 芋150g そば粉75g と塩少々。
さつま芋は小さめに切って水にさらしておきます。餅は店で買ってきました。そば粉も準備OK
そまんだご1
鍋を使って簡易な蒸し器にし,先にさつま芋を入れて蒸します。火が通るころに餅も並べます。
蓋をしてしばらくそのままに。


ボールにそば粉をしき、やわらかくなった餅とさつま芋をいれて冷える前にそばを絡めながら一気混ぜます。そば粉が芋と餅の熱で煮えるようにです。
そまんだご2


そして出来上がり そのままでもいけますが,黄粉をつけてもOKです。
そまんだご3
母が作ったのもこんな感じでしたので ホッとしました。

作り方のポイントとしては,芋を先に蒸す。混ぜるときはなるべく水を使わない。熱いときに素早く混ぜる。です。 
とても簡単ですので,是非お試しください。

言い忘れていました。
そばアレルギーの方は絶対だめですよ
関連記事
02:40  |  伝統行事・食  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。