05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.21 (Wed)

ふんのも(よもぎ餅)

3月20日春分の日
知覧にある妻の実家に向かいました。知覧平和公園入り口手前の坂の途中で瞬間目についた植物がありました。紫色の大根の花に似たムラサキハナナです。献灯が並ぶ歩道わきのつつじの間にポツンと1本だけありました。
ムラサキハナナ

さて,この日は実家で「ふんのも(よもぎ餅)」を作るというので行ってきました。
ふんのもち
まずは,よもぎ摘みからです。新芽の部分を摘み取り 洗って,重曹でを入れたお湯でゆで細かく刻んでしぼります。

もちつき機でもちがつきあがったら 先程のヨモギを加えてさらにつきます。
ふんのもち2
だんだんと混ざっていきます。

ほぼ,均一に混ざりましたので,一個分ずつ取り出し丸めます。
ふんのもち3

おぼんに黄粉を広げておき,丸めた「ふつのも」を置きます。これで出来上がり!
ふんのもち4

開港舎発行の「郷土の食材と料理 かごしまのおかず」には砂糖を加えた「ふんのも」が記載されていますが,これまで紹介しています「ふんのも」は砂糖を加えていません。

ですから,食べるときには「いもあめ」(あめどろともいいます)をつけます。
ふんのもち5
こんな感じです。

「いもあめ」については後日 追記または新規で書きたいと思います。

関連記事
23:59  |  伝統行事・食  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。