03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.25 (Sun)

ふんのだんご(よもぎの団子)

よもぎ 鹿児島弁で「ふん」「ふつ」
志布志市有明町「蓬原」という住所もありますが「よもぎはら」と書いて「ふつはら」ですよね。そういえば。

さて先日 ふんのもちを紹介ましたが 今回はふんのだんごです。
よもぎの調整は先日の記事をご覧ください。

よもぎをジュウサーですりつぶしますが,水を入れることにより かき混ぜやすくなります。
よもぎ団子1

「すりつぶしたよもぎ」をもちつき機に入れ「もち粉」を入れスイッチを入れます。
粉とよもぎがまざったころに砂糖・少々の塩・水を加えます。
だんだん混ざってきます。
よもぎ団子2

これで団子自体はほぼ出来上がります。

そして「けせんの葉」を準備し,2枚の葉ではさみます。
けせんとはニッキの葉のことです。 また,サネンの葉でも包みます。 
よもぎ団子3
これをセイロで30分程度蒸すと出来上がりです。

今回の「ふんのだんご」は砂糖を最初から入れてましたので,そのままで美味しく食べられます。

皆さんもお試しあれ。


関連記事
23:58  |  伝統行事・食  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。