05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.04.02 (Mon)

春の妖精  ツマキチョウ

桜が開花する頃みられるのがツマキチョウ(漢字で書くと褄黄蝶)
春の妖精 スプリング・エフェメラルとも呼ばれています。

エフェメラルとは 短命な とか つかの間の という意味です。

ツマキチョウ1
ツマキチョウという蝶です。
モンシロチョウなどと同じシロチョウ科の蝶です。
大きさはモンシロチョウよりも少し小さいです。

出現時期は 3月の下旬から4月上・中旬だけです。

とまって蜜を吸ってるときなどに羽を閉じた状態で見える模様も特徴ですが飛んでるときには白にしか見えません。(目が慣れてくるとよくわかるのですが・・・)

広げたときに羽の先端が黄色になっているのも特徴で名前の由来です。

なお このように先端が黄色いのはオスです。

ツマキチョウ2

飛び方は忙しく飛びますが羽が小さいせいかバタバタって感じです。
飛んでる時の撮影はこんなかんじでしか写せませんでした。

ツマキチョウ3

この写真は 南さつま市加世田で3月30日昼間に撮影しました。

関連記事
23:50  |  自然  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。