09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.04.12 (Thu)

桜も必死? 

そろそろ桜も見えおさめでしょうか?
ということで まだ近くで見ていらっしゃらない方いません?

桜1
理科の授業ではありませんが 雄しべ(葯・花糸),雌しべ(柱頭・花柱・子房),花弁,がく片を見ることができます。

桜2
やがて花弁は落ちていきます。この時に風が吹き 一斉に舞うことを 日本語で「桜吹雪」と言います。趣のある言葉ですね。

でも,その前に桜の花も必死。花本来の役割は子孫を残すために種を作らないと。
昆虫たちをおびき寄せるために綺麗な花を咲かせて蜜も出さなきゃいけません。
桜3
春の日差しが強いときに桜に近づくとブーーーンって ミツバチが飛び交っていました。


桜4
なかなか撮影するに手ごわいです。ひょいひょいと花から花へ移動します。
「しまった。一眼レフ持ってくりゃ良かった。」こんな時はピントを合わせやすい一眼レフカメラが便利です。


やがて,受粉・受精した桜には実ができます。サクランボ。
でもこれってソメイヨシノ たまにはこうなるのでしょう。
ちょっと勉強不足のユーカリでした。
桜5
関連記事
23:50  |  自然  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。