09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.10.30 (Sun)

鹿児島のみかん かんきつ

平成20年産特産果樹生産動態等調査によると
全国で栽培されているかんきつ類は74種類あるそうです。
ただし,これには温州みかんは含まれません。

その中で鹿児島県で栽培されている種類は次の29種類でした。

いよかん(伊予柑) オオタチバナ(大橘)=サワーポメロ カボス カラ カワチバンカン(河内晩柑) 紀州ミカン(小ミカン)=桜島小みかん キヨミ(清見) キンカン(金柑) 黒島ミカン ケラジミカン(花良治ミカン シイクワシャー シラヌヒ(不知火)(デコポン) スイートスプリング セトカ(せとか) セトミ(せとみ) セミノール ダイダイ タンカン なつみかん ネーブルオレンジ はっさく(八朔) ハヤカ(早香) ハルミ(はるみ) バンペイユ(晩白柚) ヒュウガナツ(日向夏) ブッシュカン(仏手柑) ブンタン(文旦) 辺塚ダイダイ ポンカン ユズ(柚) レモン
はっきり言って私は半分程度も区別はできないとおもいます。鹿児島にもさまざまな種類があるのですね。

鹿児島県の栽培面積は全国の8.8%で第4位。生産量も全国の7.7%で4位です。
栽培面積・生産量のダントツ1位は 愛媛県,2位熊本県,3位和歌山県です。

全国の種類ごとでみると栽培面積の多い順では1位「いよかん」2位「デコポン」3位「なつみかん」4位「ぽんかん」5位「ユズ(柚)」でした。

ただ,ここで先ほどの統計に出てきていない温州ミカンを加えると鹿児島は7位です。そして種類数も30種類になります。
温州みかんだけでは1位の和歌山県がトータルで熊本県と入れ替わり2位となります。

そこで鹿児島県の栽培面積をグラフで作ると次のようになりました。

鹿児島のみかん

ここで面白いことに気づきました。ユズは37都府県で栽培されており温州みかんいがいのかんきつ類の中でもっとも多くの都府県で栽培されているようです。アーティスト「ゆず」の名前はもちろんかんきつの「ゆず」からきているでしょう。一番多くの都府県で栽培されているって知ってたのでしょうか。

統計にもなかなか難しいですね。先程も書きましたが温州みかんとそれ以外のかんきつ類と区別して調査されていることや名称が全国共通で表記されているためにサワーポメロが大橘,桜島小ミカンが紀州ミカン,甘夏がなつみかん,デコポンを不知火となっています(実際は逆)。また極端に少ない栽培面積や収穫量は統計に反映されないので,それを念頭におかなければなりません。


ところでところで

薩摩剣士隼人にでてくるボッケモン「果樹神合体カジュカンサー」には
ボンタン,タンカン,ポンカン,デコポン,温州ミカン,キンカン,サワーポメロ(大橘),甘夏(夏みかん),小ミカン+ビワが合体しているそうです。どなたのアイデアなのかついつい聞きたくなります。すばらしい!! 県のhpには上記の10種類が掲載されていますね。


関連記事
22:45  |  鹿児島の食材  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(1)

Comment

仏手柑

11月7日(月)の南日本新聞に掲載されていました。
指宿の方が栽培されており実が成ったと

ほんと 不思議な形をした柑橘でした。
ユーカリ |  2011.11.08(火) 23:37 | URL |  [編集]

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://kagoshimafood.blog.fc2.com/tb.php/29-02e5e361

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。