10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.11 (Mon)

大隅半島見聞記 (黒酢&野菜ジュース 編)

平成5年度に九州平成義塾 12年度には「九州発見塾」そして 19年には「九州創発塾」となりました。

九州にある熊本日日新聞社・西日本新聞社・長崎新聞社・佐賀新聞社・大分合同新聞社・宮崎日日新聞社・南日本新聞社が主催となるイベントです。


そして九州州発見塾の際の鹿児島県の参加者(塾生)が集まり,「九州発見塾鹿児島塾」として独自に講演会等を実施しています。そして,今回,大隅半島のツアーのプランを検討し,実施しました。

ダイジェストではすでに報告ましたが,その詳細をいくつかに分けて記録したいと思います。


まずは 鹿児島中央駅~マミーズカフェまでです。

集合場所は薩摩切子の塔がたつ鹿児島中央駅の西口広場
鹿児島の伝統工芸品 薩摩切子 もう少し目立つ場所にたっててもいいですね。
あるいは青系のものが入っていたら爽やかなイメージにもなったかも。
大隅記2


集合場所に到着するとすでにバスが待機・・・バス? 一応13人(?)です。
後ろには最近脚光を浴びている「あいらびゅー」の専用バスが待機して参加者を待っていました。
かなり人気が高いようですね。是非私も参加したいです。
大隅記1

9時に出発。高速道に入り国分ICより一般道路へ。錦江湾の奥にあたる海岸線を南下。
福山は壺づくり米酢の発祥の地だそうでが 今回は坂元醸造を見学しました。
情報館でパネルを見ながら社員の方に説明いただきました。とても丁寧な説明に感心ししました。
福山酢1

この一帯の特徴として海に面しそして残りの三方は山に囲まれており,年間の平均気温が18度程度。
これが発酵に適しているそうです。
福山酢2


黒酢をつくるのはこのかめ(壺) 大きすぎても小さすぎても駄目だそうです・そして以前は薩摩焼だったそうですが今は県外物になっているそうです。
福山酢3


こちらの黒酢についているマークは次のようなものがありました。
福山酢4

①本場の本物 その土地土地において伝統的に培われた「本場」の製法で、地域特有の食材などの厳選原料を用いて「本物」の味をつくり続ける。そんな製造者の【原料】と【製法】へのこだわりの証となるのが,地域食品ブランドの表示基準,「本場の本物」です。(食品産業センター HPより)
②ふるさと認証食品(Eマーク)県内に古くからある伝統の製造方法による食品や県産原材料の良さを活かした食品,独自の技術により生産された特色のある食品について,製造方法や使用原料等の基準を定め,これに適合するものを「ふるさと認証食品」として認証し,品質のよい地域の特産品であることを表示する制度です。
認証されたものには,認証マーク(全国共通のEマーク)をつけることができます。(鹿児島県HPより)
③有機JASマークJAS法によって登録された「登録認定機関」によって、検査され認証を受けたもののみが「有機農産物」または 「有機加工食品」として表示されます。(鹿児島県有機農業協会HPより)
④特定保健用食品(トクホ)「特定の保健の目的が期待できることを表示した食品であり、身体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分(関与成分)を含んでいます。他の「いわゆる健康食品」とは異なり、その保健効果が当該食品を用いたヒト試験で科学的に検討され、適切な摂取量も設定されています。また、その有効性・安全性は個別商品ごとに国によって審査されています。(国立健康・栄養研究所HPより)
⑤JASマーク品位,成分,性能等の品質についてのJAS規格(一般JAS規格)を満たす食品や林産物などに付されます。(農林水産省HPより)

黒酢についているマークだけでもこれだけ(商品により違います。またリサイクルマーク等や会社のマーク等もあります。)ついています。

ともかく全国に誇れる鹿児島県の黒酢 もっともっと利用したいものです。


さて,坂元醸造を後にし,向かった先はマミーズ・カフェ
事前に電話で注文。「あと数分で着きまーす。」「あれ? もう着いちゃいました」

ここのオーナーはとっても美人のマミー しかも,面白い。そして真面目で,活動的で・・・

みんなが注文したのはミックスジュースとゴマの入ったエネルギージュース(たぶん)美味しかったです。
マミーズカフェ1

ジュース片手にマミーと楽しい会話を楽しみました。でも本当は忙しいのでなかなか独占できないのですよ。
マミーズカフェ2

そしてそして うれしいい焼き芋。甘さ際立つ「紅はるか」の焼き芋 焼けました。
マミーズカフェ3
糖度が高く 持つ手まで蜜が付いちゃう感じでした。

そして 私たち一行は 足早に 次の目的地に向かったのでした。

マミー曰く「嵐のようでした」




関連記事
20:31  |  観光  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。