04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.12 (Tue)

大隅半島見聞記 (にしきの里&神川大滝&奥花瀬そうめん流し 編)

九州新幹線全線開通以来 指宿の玉手箱等など 南薩方面も観光客が多いそうですね。

ところが大隅の方は対比されているようです。鹿児島県は情報誌「 おおすみ観光100選」を作成しています。県政番組でも紹介されています。

そして九州発見塾鹿児島塾生も自分たちでコーディネートしてみることにしました それが今回の大隅ツアーです。 今回の報告はマミーズカフェで美味しいジュース&焼き芋を食べたあとの話から続きます。



錦江町ある物産館「にしきの里」ころには 雨になりました。天気予報どおり。 
にしきの里2

地元の方々も出品も多いのが直売所のメリットですね。ですから、大量生産ではない農産物も並んでいます。そして サツマイモでできた「いこ餅」など郷土のお菓子もいくつかありました。

にしきの里 

にしきの里から少しだけ戻り,神川大滝へ

2つの滝があるようです。小さな滝を通り過ぎ少しだけ川の上流へ進むと大きな滝が見えてきます。
神川大滝3


すると「あーー桑の実だ」「本当だ」「何それ?」「食べれるよ」「葉はかいこの餌だよ」賑やかに
年齢層で発言が違う場面でした。

大滝をバックに桑の実を写しました。
神川大滝2


メンバーも大滝の写真撮影。わずかの雨と滝の霧状の水滴が周辺に漂っていて,心地よい感じになりました。
神川大滝
右上の写真は小さいほうの滝です。見上げると,しぶきのようになって落ちてきます。

だんだんお腹がすいてきました。向かうは奥花瀬そうめん流し。

途中に花瀬公園があります。千畳敷きの石畳,ここは江戸時代 島津斉彬公が曲水の宴を開催したそうです。

花瀬公園


花瀬公園を過ぎさらに東へ
10年程前にできた奥花瀬そうめん流し「瀬々來樹館(せせらぎかん)」

雄川の支流である花瀬川の上流の渓谷沿いにある瀬々來樹館。ロッジのような建物。この森林・渓谷を楽しみながら食べるそうめんも格別です。テーブル数も20程はあるようです。

奥花瀬そうめん流し

ニジマスの塩焼きも頭から尻尾まで 丸ごと骨まで食べました。ごちそうさま。
美味しいそうめんに 美味しい空気 幸せです。

さて車は さらに東に・・・・・ 間もなく 太平洋が見えるでしょう。

               
                        ・・・・続く

  
関連記事
21:31  |  観光  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。