05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.08.27 (Mon)

あいらびゅー 姶良市周遊観光バス 龍門司坂&龍門滝

すっかり 有名になってますね。
ワンコイン(500円)で楽しめるツアー

あいらびゅー号について詳しくはこちらの2つのホームページがあります。
あいらびゅー|姶良市古民家カフェ|あいらビュー号
あいらびゅー号おもてなし課笑顔チームスタッフブログ

私も8月25日参加しました。


日露戦争に従軍した帰還兵たちの無事を記念して建てられた凱旋門。時間の関係で車窓から見ることになりました。でも瞬間でした。
時々実家に帰るときに通ることがありますので,その時にでも立ち寄ってみたいと思います。

そして 山田の案山子。凱旋門を通過する前と後に見ることができる案山子。道路傍に立っています。
それが,とてもリアルで・・・自転車を押すおじさん。杖をついて歩いているおばあちゃん。手を挙げている人。・・・・・でも 夜見たら・・・びっくりですね。

凱旋門と山田の案山子は車窓からでしたので 写真撮れませんでした。


続いて 江戸時代の主要街道の一部だった龍門司坂(たつもんじざか) 是非行ってみたい 歩いてみたい場所でした。この坂 杉林で囲まれ現在は約500mが残っているようです。
8/25 あいらビュー号21

緩やかな坂とは言えませんが 部分的には狭かったり急こう配だったりしています。
8/25 あいらビュー号29

大名行列がここを通ったのでしょうが,荷車や駕籠(かご)を担ぐ人たちはかなり大変だったのではないでしょうか? それでも,この道が作られたおかげで距離的にも時間的にも力的にも助かったのでしょう。

そう言えば,NHK大河ドラマ「篤姫」等でもそんな光景がありましたね。
「龍馬伝」もそうでしたね。「翔ぶが如く」は22年程も前ですので記憶にありませんが,所有しているDVDで確認したいと思います。

ところで,坂の上と下には竹の杖が置いてあり,使用できます。敷石に苔が付いていたりしてすべりやすのでこの杖とても重宝です。  

8/25 あいらビュー号30

龍門司坂を下りるとその先は龍門滝に向かいます。その途中に大きくなった稲が風になびいていました。

8/25 あいらビュー号22

龍門滝への小道と山際の風景にマッチして桜島も綺麗に見えます。

そして,龍門滝へ 展望台から滝全体を見ることができます。この日は虹が見えました。

展望台から水辺に降りることもできます。

8/25 あいらビュー号23

気になったのは右側の写真でもわかると思いますが,滝の上の方に小屋が見えます。どうやら展望台のようです。次の機会に立ち寄ってみます。

滝の下流には龍門滝温泉があります。15年ほど前に2年間加治木に住んでいた頃 よく行きました。そんな懐かしさも今回のツアーで思い出しました。


あいらびゅー号」の笑顔のスタッフの皆様,今回の企画のHさん,Mさん ありがとうございました。
そして,ご参加の皆さん ありがとうございました。


以上 ここまでが 8月25日の姶良市周遊観光バス 「あいらびゅー号」の報告でした。



番外編で もう少し 触れたいと思います。

関連記事

tag : あいらびゅー号 龍門司坂 龍門滝

20:50  |  観光  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。