05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.12 (Sat)

憎き 夜盗虫(ヨトウムシ)

すみません 虫がどうしても どうしても嫌いな方はご遠慮を

ハクサイもすっかり大きくなり収穫始まってます。写真は10日前のハクサイです。
ハクサイ


でもその中に筋だらけになったハクサイがありました。
ハクサイ1

もうとてもじゃありませんが食べるところなどありません。
ハクサイ2

さらにアップしてみると・・・・・・何匹も何匹も
ヨトウムシ拡大


ヨトウ蛾類のひとつイチモンジヨトウという「蛾」の幼虫の仕業です。
一般的には「ヨトウムシ」と呼び,漢字で書くと「夜盗虫」となります。
夜,活動的に食べるという意味で名前が付いています。


少しややこしくなりますが「蛾」と「蝶」の違いはいろいろありますが,ここでは産卵のことを。
「蛾」の産卵は「卵塊」といって多くの卵を一箇所に産みます。(「蝶」は1箇所に1個の産卵)

蛾の卵がふ化して幼虫が・・・・多くの卵がありますのでの幼虫が「うようよ」。
だんだんと大きくなり行動範囲を広げていきます。大勢で一斉に食べてしまいます。
先程の写真がそのような状況です。


さて
キャベツ畑やハクサイ畑で見かける白い蝶 
「モンシロチョウ」もしくは「スジグロシロチョウ」です。その幼虫が「アオムシ」と呼ばれています。
アオムシもハクサイやキャベツを食べなきゃ 害虫呼ばわりされることも無いのに・・・・・・
夜盗虫も・・・・・

関連記事
09:23  |  農業  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://kagoshimafood.blog.fc2.com/tb.php/47-03a5d25e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。