07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.10.18 (Fri)

2013稲刈り その4

何度も同じ写真からスタート


乾燥したもみを玄米にする機械 、もみすり機です。
2013稲刈り16

左の容器から「もみ」「玄米」「白米」です。
ただし 出荷の場合は玄米の状態で袋に詰めます。
2013稲刈り15

最初の写真のもみすり機に大きなパイプが着いていますが この先端部分に「もみ殻」出てきます。

このもみ殻も敷いてベッドになります。
2013稲刈り17

一方 稲刈りの時に田んぼに置いてあるワラは 餌にもなるし 
2013稲刈り18

ベッドにもなるし
2013稲刈り19

ベッドとして敷きわらは やがて 堆肥となり 田んぼにまくことになります。
 

玄米の袋に入らなかった 屑米はほぼ捨てるだけになりますが
2013稲刈り20

実家では ニワトリのえさにもなります。
2013稲刈り21


よく考えてみれば 無駄のない環境循環型農業になっているの気づきますね。

こんな農業も素晴らしいと思います。



関連記事

tag : 稲刈り

00:06  |  農業  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。