05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.02.01 (Sat)

鹿児島県出水産 浅草海苔 見聞記

その前に
 アサクサノリ・・・・植物名
 浅草海苔・・・食品名です。ただし原料は100%アサクサノリとは限らないようです。
 
浅草海苔の名前の由来は「江戸時代に浅草和紙の技法を用いて作った海苔」とか「浅草の海苔問屋が取り扱っかっていた」などの説があるそうです。


原料はアマノリ属の紅藻(アサクサノリやスサビノリ等)であり,アサクサノリ=浅草海苔ではないようです。一方 アサクサノリとは先程のアマノリ属に含まれる紅藻の品種名で,単独での養殖は難しいようです。なぜなら 海苔の一般的な原料であるスサビノリが入りこんでくるそうです。

そんな中 ほぼ100%原料がアサクサノリでつくった浅草海苔を食べてみました。こんなふうに手巻きにして・・・
20140126出水浅草海苔1
巻いてあるのは鹿児島県産のコシヒカリ 養殖ブリ タイ かいわれだいこん 鶏卵 キュウリということで鹿児島県産100%です。 



さて,勉強会グループで JF北さつま漁協所属の出水天恵海苔グループを訪問させていただきました。
福之江郵便局から八代海の方に入って行くと防波堤が見えてきます。防波堤を越えたら養殖場です。
この日は初摘みということで 全身雨靴みたいなスーツや潜水用のスーツを着て海に入り,養殖網から摘み取ります。通常は船に摘み取り機をのせてブラシを回転させて収穫します。収穫したものを原藻といいます。
20140126出水浅草海苔2



原藻を水深2m程のプールで海水洗浄し,次に水洗いしながら異物があれば機械で取り除きます。
脱水し,細切りしたものをさらに水と混合させます。
20140126出水浅草海苔3



今回はカットした原藻を水に混ぜながら洗いカットして 再び水に混ぜます。 
そして 巻すの上に型枠を置き流しこみます。水分はさーっと巻すから流れ落ち 藻だけが 残ります。
20140126出水浅草海苔4



この時の厚みが3~5mm程度です。
20140126出水浅草海苔5



さらに遠心分離機にかけ脱水します。そして後は並べるだけです。
20140126出水浅草海苔6



通常は機械を使います。このような並べて流しこみ乾燥を行います。
20140126出水浅草海苔7



一つの台に42枚干すことができます。落ちないように 風で飛ばされないようにしながら並べます。
そして,昼食をいただき,会話も弾み,陽射しも冬ながら強くなってきた2時ごろに最初に干したアサクサノリの干し海苔が完成に近づいてきました。
20140126出水浅草海苔8



太陽の光って素晴らしいですね。
20140126出水浅草海苔9



うん? どんなことで完成が近いことがわかるというと・・・・
音がするんですよ。 パリッ パリッ って 
20140126出水浅草海苔10



乾燥が終われば 集めます。
巻すからはがしていきます。
そして焼けば・・・
20140126出水浅草海苔11


出来上がりです。
綺麗なみどり色になりました。
20140126出水浅草海苔12



この海苔の原料は「アサクサノリ」ですが とっても量的に少なく珍しいそうです。
20140126出水浅草海苔13


こんな貴重な鹿児島の浅草海苔,これからもずっと食べ続けたいです。


出水天恵海苔グループの皆様 改めてありがとうございました。
20140126出水浅草海苔14

関連記事

テーマ : 鹿児島の食材 - ジャンル : 地域情報

tag : 浅草海苔 アサクサノリ

10:29  |  鹿児島の食材  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。