10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.12.02 (Fri)

ポンカン・キンカン・デコポン(青果市場 訪問記12/2 その2)

屋久島のポンカンも1日にはさみ入れ式があったそうです。

そして2日の朝の鹿児島市中央卸売市場の競りにならんでるってすごいですね。
屋久島ポンカン

そしてこの前の記事に書きました桜島小みかん。
鹿児島のキンカン。
大将季(だいまさき)という品種のデコポン。
鹿児島県産みかん4種
も並んでいました。

キンカンは宮崎県のものも入荷していましたが,鹿児島青果の大山社長によると
「鹿児島のキンカンは走りのものは県外向けがほとんどで地元にはあまり残りません。また,キンカンを生で食べることがまだ浸透していないので鹿児島での需要は少ないです。きんかん漬け用として鹿児島には宮崎県のものが入ってくるのです。」
ということです。
鹿児島ブランドにもなっている薩摩川内市や南さつまのキンカン 生でも食べられます。美味しいですよ。

デコポンとは,不知火(しらぬい)という品種ですが,糖度・酸度が全国の統一規格以上でないとデコポンと呼べないそうです。そのために糖度などに光センサーにより選果されるそうです。

また,大将季は不知火の変わり枝(果樹類では突然変異が一本に枝に出ることがあります)です。「大将季(だいまさき)」という品種名は,この変わり枝を育てた大野氏のお孫さんの名前をもとに名付けられたそうです。「まさき」君からだそうです。


蛇足ですが,これまでいくつかのかんきつ類を紹介しました。そして,みんなで食べましょうとお伝えしましたが
食べ方としては収穫後,しばらく経過した方が美味しくなると思います。
関連記事
21:19  |  鹿児島の食材  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://kagoshimafood.blog.fc2.com/tb.php/80-9fb7668c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。